So-net無料ブログ作成
検索選択

9/24 日 01:30- レスター・シティ vs. リバプール プレミアリーグ第6節
9/25 月 00:00- ブライトン vs. ニューカッスル プレミアリーグ第6節
9/26 火 04:00- アーセナル vs. WBA プレミアリーグ第6節
9/27 水 03:45- アポエル vs. トッテナム UEFA CL 第2節
03:45- ドルトムント vs. レアル・マドリー
03:45- マンチェスター・シティ vs. シャフタール
03:45- スパルタク・モスクワ vs. リバプール
9/28 木 03:45- アトレティコ・マドリー vs. チェルシー UEFA CL 第2節
03:45- CSKAモスクワ vs. マン・ユナイテッド
03:45- ユベントス vs. オリンピアコス
03:45- パリ・サンジェルマン vs. バイエルン
9/29 金 02:00- BATEボリソフ vs. アーセナル UEFA EL 第2節
04:05- ミラン vs. HNKリエカ
04:05- エバートン vs. アポロン・リマソール
9/30 土 20:30- ハダースフィールド vs. トッテナム プレミアリーグ第7節
23:00- マン・ユナイテッド vs. クリスタル・パレス
23:00- vs. レスター・シティ
23:00- ストーク・シティ vs. サウサンプトン
23:00- WBA vs. ワトフォード
23:00- ウェストハム vs. スウォンジー・シティ
10/1 日 01:30- チェルシー vs. マンチェスター・シティ プレミアリーグ第7節
20:00- アーセナル vs. ブライトン
22:15- エバートン vs. バーンリー
10/2 月 00:30- ニューカッスル vs. リバプール プレミアリーグ第7節
UEFA CL 11-12 ブログトップ
前の10件 | -

11-12 UEFA CLの分配金が確定 [UEFA CL 11-12]





 2011-12シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場クラブに合計7億5410万ユーロ(約730億円)が分配され、ミュンヘンで行われた決勝を戦ったチェルシーFCとFCバイエルン・ミュンヘンが獲得賞金でも上位2チームに入った。

 優勝したチェルシーには、UEFAから5993万5000ユーロ(約58億円)の賞金を獲得。
内訳はグループステージと決勝トーナメントにおける出場ボーナスと成績に基づくボーナスが2990万ユーロ。
テレ ビ放映権料の分配金が3003万5000ユーロとなっている。

 バイエルンは4173万ユーロ(約40億円)を獲得。
出場ボーナスと成績に基づくボーナスが2690万ユーロ、テレビ放映権料の分配金が1483万ユーロだった。

 これに加え、優勝チームのチェルシーには900万ユーロ(約8億7000万円)、準優勝チームのバイエルンには560ユーロ(約5億4000万円)が与えられた。

 そのほか、2011-12シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場クラブではFCバルセロナが4055万ユーロ(約39億円)、ACミランが3986万4000ユーロ(約38億5000万円)、レアル・マドリーCFが3843万4000ユーロ(約37億円)、マンチェスター・ユナイテッドFCが3518万2000ユーロ(約34億円)、FCインテル・ミラノが3156万9000ユーロ(約30億円)を受け取っている。

 32クラブのすべてに最低720万ユーロ(約7億円)を受け取る権利が与えられ、グループステージ出場各チームは出場ボーナス390万ユーロ(約3億8000万円)のほか、1試合ごとに55万ユーロ(約5300万円)、6試合で計330万ユーロのボーナスを受け取った。

 加えて、成績に応じたボーナスが設定され、1勝するごとに80万ユーロ(約8000万円)、引き分けの場合は40万ユーロの賞金が与えられた。このグループステージで満額の480万ユーロを獲得したのはマドリー、1チームだけだった。また、決勝トーナメント1回戦に進出した16チームには各300万ユーロ(約2億9000万円)、準々決勝進出8チームには各330万ユーロ(約3億2000万円)、準決勝進出4チームには各420万ユーロ(約4億円)の賞金を受け取った。

マーケットプールからは、各クラブの国のTVマーケットの市場規模などに応じて、収益金が分配された。従って、分配額は国(またはサッカー協会)ごとに異なる。





続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

CL決勝 バイエルン・ミュンヘン vs. チェルシー [2012.5.19] [UEFA CL 11-12]

Uefa Champions League


UEFA チャンピオンズリーグ 決勝



vs.


バイエルン・ミュンヘン vs. チェルシー


Stadium: Allianz Arena (Munchen, 105m x 68m)
Referee: Proenca
Attendance: 69,901


Bayern Munich (4-2-3-1)
01 Neuer, 17 Boateng, 21 Lahm, 26 Contento, 07 Ribery (Olic - 97' ), 31 Schweinsteiger, 39 Kroos, 44 Tymoschuk, 10 Robben, 25 Mueller (Van Buyten - 86' ), 33 Gomez

Substitutes
22 Butt, 05 Van Buyten, 13 Rafinha, 14 Usami, 23 Pranjic, 09 Petersen, 11 Olic

Chelsea (4-2-3-1)
01 Cech, 03 Cole, 04 David Luiz, 17 Bosingwa, 24 Cahill, 34 Bertrand (Malouda - 73' ), 08 Lampard, 12 Mikel, 10 Mata, 11 Drogba, 21 Kalou (Torres - 84' )

Substitutes
22 Turnbull, 19 Ferreira, 05 Essien, 06 Romeu, 15 Malouda, 09 Torres, 23 Sturridge





バイエルンは、出場停止が多く、ウサミがなんとベンチに入る。
チェルシーは、テリー、イヴァノヴィッチ、メイレレスが出場停止。
今日はランパードがキャプテンマーク。





ダビドさんは相変わらず。








やはりホームのアリアンツ・アレーナ。
完全にバイエルンのホーム。
チェルシーはたまに声援が聞こえてくる程度のアウェイ感。

試合はバイエルンの攻めと、チェルシーの守りの構図。
リベリ―とロッベン中心で攻めるが、バイエルンは再三のチャンスをものにできず得点ランク2位のゴメスも精彩を欠く。
一方のチェルシーは、テリーとイヴァノヴィッチ不在ながら集中した見事な守りを見せる。
前半のシュートはわずか2本。カウンターから見事なダイレクトパスで崩し、最後はカルー。
しかしこれはGKノイアーに範囲内。しっかりキャッチし、前半はゴールレスで終える。

後半も同様にバイエルンペース。
さらに攻勢を強め、早くから決定機を作る。
まずはリベリ―。4対3の数的優位だったがクロスはダビド・ルイスがカバーする。
続いて逆サイドのロッベンからクロース。しかしシュートは再びルイス。
ようやくチェルシーのカウンター。ランパードのパスはノイアーが飛び出して味方に預ける。
再びドログバ。スローインから右足を振り抜く強烈なシュート。
枠を捉えなかったが、ドログバを背負うDFはいやだろうな。

続いてラームのドリブル突破。スルーパスに合わせたゴメスがエリア内で倒されるがノーファール。
さらにリベリ―。チェルシーの右サイドを崩され、ロッベンのシュートはアシュリー・コールがブロック。
詰めたリベリ―が決めるがオフサイドポジションだった。
パスを回すバイエルン。攻撃はミュラーを中心に右からが目立つ。
さらにロッベン、リベリ―の決定機はアシュリー・コールが立ちはだかる。

そしてようやく均衡が破れる。

左サイドからクロースのクロスに、マリオ・ゴメスの頭上を越えファーポストにいたミュラー。
叩きつけたヘッダーはGKチェフの頭上をすり抜けて先制!
マークがずれててルイスは中途半端なポジショニングだった。
その後チェルシーはカルーに代わり、トーレスを投入。
バイエルンはトーマス・ミュラーに代わり、ファン・ブイテンを投入。
より守備的にするバイエルンだったがこの采配が裏目に出る。

87分、トーレスが仕掛けて得たコーナーキックから、ドログバの見事なヘッダーが決まり同点弾。
コーナーキックからニアで体をひねった力強いシュート。GKノイアーの頭上を越えて決まる。
ギャリー・ネヴィルさんまたも発狂。試合はまだ終わっていない。

試合は延長戦。
同点の立役者ドログバがリベリ―の背後からチェック。
右足がわずかに相手に触れ、倒してしまいペナルティ。
しかしPKを研究してきたGKチェフ。止めることが出来るか?

止めた!!さすが勉強してきたかいがあった。
ロッベンは右を狙ったがチェフはフェイントで翻弄し読んでいた。これにテリーも大喜び。
ノイアーは背中を向けたシュバインシュタイガーに鼓舞。
シュバインシュタイガーは決まったのかと思ってたが顔を覆った。

その後もラームの浮き球パスにオリッチの決定機。
しかしシュートせずに折り返してしまい、結果的にゴール前にいたファンブイテンは飛び込めなかった。

そのまま延長後半も試合は動かず、ケーヒルとルイスの見事な守り。
試合の流れから決める事は出来ず運命のPK戦へ。


続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

(準決勝2ndLEG)レアル・マドリー vs. バイエルン・ミュンヘン [2012.4.25] [UEFA CL 11-12]

Uefa Champions League


UEFA チャンピオンズリーグ

準決勝 セカンドレグ



レアル・マドリー vs. バイエルン・ミュンヘン


Stadium: Estadio Santiago Bernabeu
Referee: Viktor Kassai (HUN)
Attendance: 82,619


Real Madrid (4-2-3-1)
01 Casillas, 03 Pepe, 04 Sergio Ramos, 12 Marcelo, 17 Arbeloa, 06 Khedira, 07 Ronaldo, 10 Ozil (Granero - 111' ), 14 Alonso, 22 Di Maria (Kaka - 75' ), 09 Benzema (Higuain - 106' )

Substitutes
13 Adan, 15 Coentrao, 18 Albiol, 08 Kaka, 11 Granero, 20 Higuain, 21 Callejon

Bayern Munich (4-2-3-1)
01 Neuer, 17 Boateng, 21 Lahm, 28 Badstuber, 07 Ribery (Mueller - 95' ), 27 Alaba, 30 Gustavo, 31 Schweinsteiger, 39 Kroos, 10 Robben, 33 Gomez

Substitutes
22 Butt, 13 Rafinha, 26 Contento, 23 Pranjic, 44 Tymoschuk, 11 Olic, 25 Mueller





レアル・マドリーは、第1戦から1名を変更。コエントランに代わってマルセロが左SB。
バイエルンは、第1戦から変更なし。宇佐美はベンチ外。


第1戦は、2-1でホームのバイエルン・ミュンヘンがアディショナルタイムに制した。
第2戦は、ベルナベウ。マドリーはクラシコを制して準備万端なはず。






続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

(準決勝2ndLEG)バルセロナ vs. チェルシー [2012.4.24] [UEFA CL 11-12]

Uefa Champions League


UEFA チャンピオンズリーグ

準決勝 セカンドレグ



バルセロナ vs. チェルシー


Stadium: Camp Nou (Barcelona, 105 x 68 m)
Referee: Cuneyt Cakir (TUR)
Attendance: 95,845


Barcelona (4-3-3)
01 Valdes, 03 Pique (Alves - 26' ), 05 Puyol, 04 Fabregas (Keita - 74' ), 06 Xavi, 08 Iniesta, 10 Messi, 14 Mascherano, 16 Busquets, 39 Cuenca (Cristian Tello - 67' ), 09 Sanchez

Substitutes
13 Pinto, 02 Alves, 21 Adriano Correia, 11 Thiago, 15 Keita, 17 Pedrito, 37 Cristian Tello

Chelsea (4-5-1)
01 Cech, 02 Ivanovic, 03 Cole, 24 Cahill (Bosingwa - 12' ), 26 Terry, 07 Ramires, 08 Lampard, 12 Mikel, 16 Meireles, 10 Mata (Kalou - 58' ), 11 Drogba (Torres - 80' )

Substitutes
22 Turnbull, 17 Bosingwa, 05 Essien, 15 Malouda, 09 Torres, 21 Kalou, 23 Sturridge





バルセロナは、ファーストレグから2名を変更。アウヴェスとアドリアーノがベンチスタート。
若手のクエンカを起用し、後ろはピケ、プジョル、マスチェラーノの3バック。
チェルシーは、第1戦同様のメンバー。ドログバの1トップ。左右にマタ、ラミレス。




第1戦は、このようにロングボールばっかりでチェルシーが先勝。




この男にかかっているのか?果たしてアウェイでは・・・。





whistle前半開始。

チェルシーボールでキックオフ。



続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

(CL第2戦・プレビュー) 準決勝セカンドレグ バルサvsチェルシー、マドリーvsバイエルン [UEFA CL 11-12]

Uefa Champions League


UEFA チャンピオンズリーグ

準決勝 セカンドレグ

4月24日(火)、25日(水)
いに準決勝第2戦!決勝へ行くのはどこか?

バルセロナ×チェルシー。
第1戦はチェルシーが先勝。ずる賢く、やる事がわかっていたチェルシー。
次はカンプ・ノウ。彼らのホームで前回のような試合は出来るのか?
カギとなるドログバの出場は?スペインの地でトーレスの復活?今回はまた違う展開となりそう。

レアル・マドリー×バイエルン・ミュンヘン。
第1戦は、バイエルンが先勝。とにかく采配と戦術がかみ合った試合だった。
今回もこのような頭脳戦になるのか。はたまた個人技で打開するのか。
クラシコで勝利を挙げたマドリーは勢いを持っていそう。









続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

(準決勝1stLEG)チェルシー vs. バルセロナ [2012.4.18] [UEFA CL 11-12]

Uefa Champions League

UEFA チャンピオンズリーグ
準決勝 ファーストレグ



チェルシー vs. バルセロナ


Stadium: Stamford Bridge (London, 103 x 67 m)
Referee: Felix Brych‎ (GER)
Attendance: 38,039


Chelsea (4-5-1)
01 Cech, 02 Ivanovic, 03 Cole, 24 Cahill, 26 Terry, 07 Ramires (Bosingwa - 88' ), 08 Lampard, 12 Mikel, 16 Meireles, 10 Mata (Kalou - 74' ), 11 Drogba

Substitutes
22 Turnbull, 17 Bosingwa, 05 Essien, 15 Malouda, 09 Torres, 21 Kalou, 23 Sturridge

Barcelona (4-3-3)
01 Valdes, 02 Alves, 05 Puyol, 21 Adriano Correia, 04 Fabregas (Thiago - 78' ), 06 Xavi (Cuenca - 86' ), 08 Iniesta, 10 Messi, 14 Mascherano, 16 Busquets, 09 Sanchez (Pedrito - 66' )

Substitutes
13 Pinto, 03 Pique, 32 Bartra, 11 Thiago, 15 Keita, 23 Cuenca, 17 Pedrito





チェルシーは、ダビド・ルイスが負傷中。ギャリー・ケーヒルを起用。
イヴァノヴィッチは3試合の出場停止中だが、UEFAは関係ないため問題なし。
フェルナンド・トーレスはベンチスタート。
バルセロナは、セスク・ファブレガスが復帰。アビダルは離脱中。
プジョルはろっ骨を痛めているようだがスタメン。



ドログバは、スペイン勢にここ8試合で7ゴールを決めている。

メッシは、243ゴールを挙げているが、チェルシーに対しては6試合無得点。

セスク・ファブレガスはアーセナルで、マスチェラーノはリバプールでチェルシーと対戦経験がある。


whistle前半開始。

バルセロナボールでキックオフ。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

(準決勝1stLEG)バイエルン vs. レアル・マドリー [2012.4.17] [UEFA CL 11-12]

Uefa Champions League

UEFA チャンピオンズリーグ
準決勝 ファーストレグ



バイエルン・ミュンヘン vs. レアル・マドリー


Stadium: Fusball Arena Munchen (Munchen, 105x 68 m)
Referee: Howard Webb (ENG)
Attendance: 69,000


Bayern Munchen (4-5-1)
Manuel Neuer, Philipp Lahm, Jerome Boateng, Holger Badstuber, Arjen Robben, Luiz Gustavo, Toni Kroos, Bastian Schweinsteiger (Muller - 61'), Franck Ribery, David Alaba, Mario Gomez

Substitutes
Hans-Jorg Butt, Rafinha, Diego Contento, Anatoliy Tymoshchuk, Danijel Pranjic, Ivica Olic, Thomas Muller

Real Madrid (4-3-3)
ker Casillas, Pepe, Sergio Ramos, Alvaro Arbeloa, Xabi Alonso, Angel di Maria (Granero - 80'), Fabio Coentrao, Sami Khedira, Karim Benzema (Higuain - 84'), Cristiano Ronaldo, Mesut Ozil (Marcelo - 69')

Substitutes
Antonio Adan, Raul Albiol, Marcelo, Raphael Varane,Esteban Granero, Gonzalo Higuain, Kaka





マドリーはバイエルンのホームで8敗1分け。さぁどうなる?
クリスチアーノ・ロナウドは、マドリーで137試合に出場して139ゴール。半端ない。
2008年にマンUでチャンピオンズリーグを取ってからここ3年間は逃している。

主審はハワード・ウェブ。プレミアリーグを見る人ならどんな人かわかるはず。
そうでもなくても有名か。少なくとも経験値は高い。これは今季40試合目の担当。

決勝の地、アリアンツ・アレーナ。


whistle前半開始。



続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

(試合結果)CL第2戦 チェルシー×ベンフィカ、レアル×アポエル [2012.4.4] [UEFA CL 11-12]

Uefa Champions League

UEFA チャンピオンズリーグ
準々決勝 セカンドレグ



チェルシー vs. ベンフィカ


Stadium: Stamford Bridge (London)
Referee: Damir Skomina (SVN)
Attendance: 37,264


Chelsea (4-5-1)
01 Cech, 02 Ivanovic, 03 Cole, 04 David Luiz, 26 Terry (Cahill - 59' ), 07 Ramires, 08 Lampard, 12 Mikel, 09 Torres (Drogba - 88' ), 10 Mata (Meireles - 79' ), 21 Kalou

Substitutes
22 Turnbull, 19 Ferreira, 24 Cahill, 05 Essien, 16 Meireles, 11 Drogba, 23 Sturridge

Benfica (4-5-1)
01 Artur, 03 Emerson, 14 Pereira, 38 Capdevila, 06 Javi Garcia, 08 Bruno Cesar (Machado - 72' ), 10 Aimar, 20 Gaitan (Djalo - 61' ), 21 Matic, 28 Witsel, 07 Cardozo (Oliveira - 57' )

Substitutes
47 Eduardo, 16 Oliveira, 34 Almeida, 09 Nolito, 12 Djalo, 19 Machado, 30 Saviola






続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

(試合結果)CL第2戦 バルサ対ミラン、バイエルン対マルセイユ [2012.4.3] [UEFA CL 11-12]

Uefa Champions League


UEFA チャンピオンズリーグ
準々決勝 セカンドレグ




バルセロナ vs. ミラン


Stadium: Camp Nou (Barcelona)
Referee: Bjorn Kuipers (NED)
Attendance: 94,629‎


Barcelona (4-3-3)
Valdes, Puyol, Dani Alves, Pique, Xavi, Andres Iniesta, Cesc Fabregas, Mascherano, Sergio Busquets, Cuenca, Lionel Messi

Substitutes
Pinto, Adriano, Seydou Keita, Thiago Alcantara, Alexis Sanchez, Cristian Tello, Pedro

AC Milan (4-4-2)
Abbiati, Nesta, Mexes, Abate, Antonini, Seedorf ,Ambrosini, Kevin-Prince Boateng, Nocerino, Ibrahimovic, Robinho

Substitutes
Amelia, Bonera, Yepes, Emanuelson, Aquilani, Maxi Lopez, Alexandre Pato






続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

チャンピオンズリーグ 準々決勝 第2戦・プレビュー [UEFA CL 11-12]

Uefa Champions League


UEFA チャンピオンズリーグ

準々決勝 セカンドレグ




4月3日(火)、4日(水)
スト8からベスト4へ。
シーズンも残り2ヶ月を切り、優勝争い、残留争いが繰り広げられている。
CLでは、8チームから4チームに絞られ、クオーターファイナルから準決勝へと駒を進める。

注目は何といっても、バルセロナ×ミラン。
あの堅い守りを継続し、カウンターを狙えれば勝機はあるはず。
しかしバルセロナはホームでめっぽう強い。
昨シーズンのアーセナル戦でも1-1の後、してやられた。
予想は3-1でバルサ。

4日に行われるチェルシー×ベンフィカも気になる。
予想は2-1でチェルシー。

サマータイム実施のため4時45分ではなく、3時45分なのでお間違えなく。
     
4月3日 火曜日
   
27:45- バルセロナ v ミラン
Stadium : Camp Nou Referee : Bjorn Kuipers (NED)
  ファーストレグ: ミラン 0 - 0 バルセロナ
大の試練に挑むミラン。
FCバルセロナとACミランはカンプ・ノウで2-2で引き分けて今季のUEFAチャンピオンズリーグへの挑戦を開始したが、準々決勝では同じ舞台での第2戦を残す王者バルセロナが優位に立っている。

イタリアでの第1戦は0-0のドローに終わったものの、バルセロナは大会のホームゲームで好成績を維持。バルセロナは、宿敵レアル・マドリーCFが1956-60年に達成した記録に並ぶ5シーズン連続でのベスト4進出を目指す。一方のミランは今大会でまだアウェー戦未勝利だが、グループステージ初戦ではカンプ・ノウで得点してバルセロナと引き分けている。

チームは、UEFA主催クラブ大会で過去14戦し、バルセロナの5勝。ミランは4勝。
得点数でも19対18でバルセロナがわずかに上回っている。
バルセロナはミランをホームに迎えた過去6試合で2勝3分け1敗。

ルセロナは、2009年10月のグループステージでFCルビン・カザンに1-2で敗れて以来、大会のホームゲームで14試合無敗を維持している。その内訳は12勝2分け。
また、欧州チャンピオンカップとUEFAチャンピオンズリーグの準々決勝のホームゲームで13戦11勝と恐るべき成績を残している。
バルセロナは最近5度のUCL準々決勝にいずれも勝利。
2006年にこのステージで勝ち上がりを決めた後、2008年から4年連続で準々決勝を突破している。最後の準々決勝敗退は2002-03シーズンで、相手はユベントスだった。イタリア勢で準々決勝のアウェー戦でバルセロナに勝ったことがあるのは、ユベントスのみ。

チーム情報
アドリアーノは先日の試合で出場したが、ファブレガスは腰痛で出場は未定。
チャビは、ふくらはぎの負傷で微妙だが当日判断。


ランは、準々決勝に過去14度挑戦し、11勝3敗。
今季UCLのアウェー戦でまだ未勝利。敵地で臨んだグループステージの3試合はいずれも引き分けで終え、ベスト16ではアーセナルFCの本拠地で0-3と敗れている。
スペインで最後に勝ったのは、2009-10シーズンのグループステージ。88分に生まれたパトの決勝点により、レアル・マドリーを3-2で破った。
しかし、ミランはスペイン勢に対しアウェーで通算4勝6分け10敗と大きく負け越している。

チーム情報
パトは2月25日以来のスカッド入り。アバーテは復帰しているが、ファン・ボメルは欠場。
チアゴ・シウバとメルケルも欠場。


会場はカンプ・ノウ。主審はビヨルン・カイペルス(オランダ)

勝者はチェルシー対ベンフィカの勝者と対戦する。
   
 
 
27:45- バイエルン・ミュンヘン v マルセイユ
Stadium : Arena Munchen Referee : Svein Oddvar Moen (NOR)
  ファーストレグ: マルセイユ 0 - 2 バイエルン
でに本拠地での決勝を見据えるバイエルン。
バイエルン・ミュンヘンは、オリンピック・マルセイユとのUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦で、クラブの本拠地で行われる今季の決勝進出にまた一歩近づきたいと願っている。

バイエルンの準々決勝進出はここ6シーズンで4度目。しかし過去3回のうち2回は勝ち抜けを逃している。対するマルセイユは大会の初代王者となった1993年以降、これが初のベスト8。

3月28日にスタッド・べロドロームで行われた第1戦で両チームはUEFA主催大会で初めて顔を合わせ、バイエルンがマリオ・ゴメス(44分)とアリエン・ロッベン(69分)のゴールで勝利した。

イエルン・ミュンヘンは、UEFAチャンピオンズリーグのホームゲームで13試合12勝。
最後に準決勝に進出したのは2009-10シーズン。オリンピック・リヨンと対戦し、ホームでの第1戦は1-0と勝利。ロッベンが試合唯一のゴールを決め、フランク・リベリが退場処分を受けた。第2戦はイビツァ・オリッチがハットトリックを達成して、マドリードでの決勝に進出したが、インテルに0-2で屈した。
ホームにおけるリーグ1勢との通算成績は8勝2分け3敗。2試合決着方式ではフランスチームと過去に4回当たり、そのうち3回は勝ち抜けている。

チーム情報
ディエゴ・コンテントが土曜に負傷明けで復帰済み。ファン・ブイテンとブレーノは欠場。


ルセイユは、今季グループステージですでにドイツに乗り込み、勝利を挙げている。第6節にボルシア・ドルトムントと対戦し、3-2と競り勝って決勝トーナメント進出を決めた。
ディディエ・デシャン監督率いるマルセイユがグループステージを突破できたのは、アウェーでの戦績によるところが大きかった。オリンピアコスFCにも敵地で1-0と勝利し、アーセナルFCのホームでは0-0の引き分けに抑えている。
決勝トーナメントでのドイツ勢との対戦でこのところ2連勝しているが、それ以前は2連敗だった。ドイツでは3試合無敗を維持している(1勝2分け)。

チーム情報
GKマンダンダが復帰。アルー・ディアラは出場停止。
ディアワラは膝の靭帯損傷で長期離脱中。


会場はアレナ・ミュンヘン。主審はスバイン・モーエン(ノルウェー)

勝者は準決勝で、アポエル対レアル・マドリーの勝者と対戦する。
 

 
4月4日 水曜日
   
27:45- チェルシー v ベンフィカ
Stadium : Stamford Bridge Referee : Damir Skomina (SVN)
  ファーストレグ: ベンフィカ 0 - 1 チェルシー
ームで強さを発揮するチェルシー。
本拠地スタンフォード・ブリッジにSLベンフィカを迎えるチェルシーFCは、最近9年間のUEFAチャンピオンズリーグで6回目となる準決勝進出に王手をかけている。

今大会のホームゲームで全勝という自信があるチェルシーに対し、欧州カップ戦で1990年以来となる準決勝進出を狙うベンフィカも強気の姿勢を失っていない。今季のグループステージでは、敵地イングランドでマンチェスター・ユナイテッドFCと引き分けている。

しかし今回のベンフィカは、引き分けでは次のラウンドに勝ち上がれない。3月27日にリスボンで行われた第1戦では、サロモン・カルーのゴールでチェルシーに0-1と敗れている。

ェルシーにとって、本拠地スタンフォード・ブリッジは要塞というべき場所になっている。SSCナポリとの決勝トーナメント1回戦でも4-1の勝利で逆転突破を果たしており、ホームでは4連勝中。その間に14得点1失点の数字を残す。
欧州でのホームゲーム直近9試合で敗れたのは、マンチェスター・ユナイテッドを迎えた2010-11シーズン準々決勝の1度しかない。
過去に対戦したポルトガル勢は、過去10年間に6試合を行っているFCポルトのみ。地元スタンフォード・ブリッジでは3勝を挙げている。

チーム情報
ドログバとダビド・ルイスが復帰の見込み。


ンフィカは、今季の欧州カップ戦のアウェーゲームで粘り強さを発揮しており、予選3回戦以降の6試合で2勝3分け1敗と健闘している。唯一敗れた試合は、FCゼニト・サンクトペテルブルクとの決勝トーナメント1回戦第1戦。
今大会、チェルシーと同じイングランド勢のマンチェスター・ユナイテッドFCとグループステージで対戦しており、ホームとアウェーで引き分けている。
イングランド勢に対し、アウェーで3勝1分け9敗の対戦成績。昨年11月に敵地オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドと2-2で終わった一戦は、ベンフィカがイングランドで初めて引き分けた試合になる。また、ベンフィカはイングランドで行われた欧州チャンピオンズカップ決勝で2敗しており、1963年にはACミランに、1968年にはマンチェスター・ユナイテッドにいずれもウェンブリー・スタジアムで敗れた。

チーム情報
ブラガ戦で左ひざを痛めたルイゾンが回復しない場合、ジェズス監督はハビ・ガルシアをCBで起用することを示唆した。故障中のミゲウ・ビトール(太もも)、エセキエル・ガライ(ひざ)、ジャルデウ(太もも)は遠征に帯同していない。

会場はスタンフォード・ブリッジ。主審はダミル・スコミナ(スロベニア)

勝者は、バイエルン対マルセイユの勝者と対戦する。
   
 
 
27:45- レアル・マドリー v アポエル
Stadium : Santiago Bernabeu  Referee : Gianluca Rocchi (ITA)
  ファーストレグ: アポエル 0 - 3 レアル・マドリー
倒的優勢のマドリーに挑むアポエル。
UEFAチャンピオンズリーグで準々決勝進出という快挙を成し遂げたアポエルFCだが、9度の欧州制覇を誇るレアル・マドリーCFの本拠地で0-3のビハインドを覆さなければならないこの第2戦は、過去最大の試練となる。

両者の過去の戦績は対照的だ。キプロス勢としてUCLで初の決勝トーナメント進出を果たしたアポエルに対し、マドリーは今回が歴代最多の29回目の準々決勝。過去28回は、6回を除いてすべて勝ち抜けている。

3月27日の第1戦でも、マドリーは苦戦しながらも終盤のカリム・ベンゼマの2点と(74、90分)とカカの1点(82分)で最終的に3-0と快勝し、突破をほぼ手中に収めた。


アル・マドリーは、今季のUCLでここまで9戦8勝。唯一勝利を逃したのはCSKAモスクワとのベスト16の第1戦で、1-1と引き分けた。ホームで4-1と勝利したCSKAとの第2戦と、アポエルとの第1戦により、マドリーは今大会での総得点数を27に伸ばした(失点は4)。
UEFA主催大会で過去に27回、アウェーでの第1戦を白星で飾っており、3-0で勝利した3試合を含め、そのうち26試合で勝ち抜けている。
ジョゼ・モウリーニョ監督は、UCLの準々決勝で敗退したことがない。2004年はFCポルト、2005年と2007年はチェルシーFC、2010年はFCインテル・ミラノを率いて突破し、昨季もマドリーでトッテナム・ホットスパーFCを下してベスト4進出を果たした。6年間挑戦し続けていたベスト16の壁をようやく乗り越え、7年ぶりの準々決勝となった昨季は、クリスチアーノ・ロナウドが第1戦でも第2戦でもゴールを決めた。

チーム情報
サミ・ケディラ(ウイルス性疾患)、ラサナ・ディアラ(ハムストリング)、リカルド・カルバーリョ(太もも)らが離脱中。アルバロ・アルベロアはメンバー外となった。ディ・マリア(太もも)とホセ・カジェホン(足首)はコンディションに不安を抱えているが、プレーできない状態ではない。

ポエルは、決勝トーナメント1回戦でリヨンにアウェーで0-1と屈したが、これは今季のアウェー戦7試合で2度目の敗北だった。通算成績は2勝3分け2敗。失点はわずかに4で、3試合を無失点に抑えている。欧州カップ戦のアウェー戦、過去25試合の戦績は7勝9分け9敗。
過去に10回、ホームでの第1戦を落としているが、そのすべてで敗退している。

チーム情報
第1戦で出場停止処分を受けたグスタボ・マンドゥカが復帰するものの、マルセロ・オリベイラ(ひざ)とイバン・トリツコフスキ(手の骨折)が欠場する。打撲を負ったサバス・プルサイティデスとパノス・コンスタンティヌは出場可能とみられるが、ウイルス性疾患のアイウトンは試合直前にフィットネステストを受ける予定。

会場はサンチャゴ・ベルナベウ。主審はエンリコ・ロッキ(イタリア)

勝者はチェルシー対ベンフィカの勝者と対戦する。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - UEFA CL 11-12 ブログトップ