So-net無料ブログ作成
検索選択

4/28 金 04:00- マン・シティ vs. マン・ユナイテッド マンチェスターダービー
4/29 土 22:30- ドルトムント vs. ケルン ブンデス 31節
23:00- WBA vs. レスター・シティ プレミアリーグ 34節
23:00- サウサンプトン vs. ハル・シティ
23:00- ストーク・シティ vs. ウェストハム
23:00- サンダーランド vs. ボーンマス
4/30 日 01:30- クリスタル・パレス vs. バーンリー プレミアリーグ 35節
20:00- マン・ユナイテッド vs. スウォンジー・シティ
22:00- クロトーネ vs. ミラン セリエA 34節
22:05- エバートン vs. チェルシー プレミアリーグ 35節
22:05- ミドルスブラ vs. マン・シティ
5/1 月 00:30- トッテナム vs. アーセナル ロースロンドン・ダービー
03:45- インテル vs. ナポリ セリエA 34節
5/2 火 04:00- ワトフォード vs. リバプール プレミアリーグ 35節
5/6 土 23:00- アーセナル vs. マン・ユナイテッド プレミアリーグ 35節
23:00- チェルシー vs. ミドルスブラ
23:00- レスター・シティ vs. ワトフォード
23:00- マン・シティ vs. クリスタル・パレス
23:00- リバプール vs. サウサンプトン
23:00- ボーンマス vs. ストーク・シティ
23:00- スウォンジー・シティ vs. エバートン
23:00- バーンリー vs. WBA
23:00- ハル・シティ vs. サンダーランド
22:00- ジェノア vs. インテル セリエA 35節
5/8 月 03:45- ミラン vs. ローマ セリエA 35節
5/11 木 03:45- サウサンプトン vs. アーセナル プレミアリーグ 延期分
5/13 土 23:00- マン・シティ vs. レスター・シティ プレミアリーグ 37節
23:00- トッテナム vs. マン・ユナイテッド
23:00- ストーク・シティ vs. アーセナル
23:00- WBA vs. チェルシー
23:00- ウェストハム vs. リバプール
23:00- ミドルスブラ vs. サウサンプトン
23:00- エバートン vs. ワトフォード
23:00- クリスタル・パレス vs. ハル・シティ
23:00- ボーンマス vs. バーンリー
03:45- アタランタ vs. ミラン セリエA 36節
19:30- インテル vs. サッスオーロ
5/16 火 04:00- チェルシー vs. ワトフォード プレミアリーグ 延期分
5/17 水 03:45- アーセナル vs. サンダーランド プレミアリーグ 延期分
04:00- マン・シティ vs. WBA
5/18 木 03:45- サウサンプトン vs. マン・ユナイテッド プレミアリーグ 延期分
5/19 金 03:45- レスター・シティ vs. トッテナム プレミアリーグ 延期分
5/21 日 23:00- チェルシー vs. サンダーランド プレミアリーグ 最終節
23:00- アーセナル vs. エバートン
23:00- マン・ユナイテッド vs. クリスタル・パレス
23:00- リバプール vs. ミドルスブラ
23:00- ワトフォード vs. マン・シティ
23:00- レスター・シティ vs. ボーンマス
23:00- バーンリー vs. ウェストハム
23:00- サウサンプトン vs. ストーク・シティ
23:00- スウォンジー・シティ vs. WBA
FIFA World Cup 2006 ブログトップ
前の10件 | -

W杯その後 [FIFA World Cup 2006]

W杯が終わり、静かになった感じはありますが、見えないところで色々と動いています。


選手の移籍問題、日本代表の今後などなど((色々と言いつつたった二つ?!))


いやまぁそれはいいのですが、一番注目しているのが、オシムジャパン。


先日JOMOオールスター戦が行われたのですが、まだ見てません


結果は知っちゃってるんですけどね~。


時間がある時にでもゆっくり見たいと思います。


ヒデの引退番組もね


 


そして、本題。


選手の移籍ですが、気になるのをいくつかピックアップ。



まずは、フランス代表のフランク・リベリー(23)


ドイツW杯で底知れぬ運動量を見せ付け、フランス代表を引っ張った選手の一人。


ジダンの後継者とも言われ、若い頃に負った顔の傷は今でも深く残っている。


そんなリベリーに、有力クラブからオファーがある。


リヨン、バイエルン、マンU、アーセナル、R・マドリード。


R・マドリードからは3700万ユーロ(約54億円)という莫大な提示!


個人的には是非行ってもらいたいけど、マルセイユとの契約は10年までとのこと。


これからどうなるか解らないけど、楽しみでもある。



次にポルトガル代表のクリスチアーノ・ロナウド(21)


こちらも、有力クラブからオファーがあるものの、10年までマンUの契約があり、


いかなるオファーがあろうとも、一切交渉に応じないつもりと発表。


そして渋々、C・ロナウドも契約書にサインをして、マンUでプレイすることを決意。


R・マドリードに行ってほしかったけど、次のW杯まで頑張れ!ですね。


他。



ブラジル代表ロナウド(29)は左ひざを手術し、R・マドリード3週間欠場に。((太ったから負担かかったの?))



イタリア代表カンナバーロ(32)はR・マドリードからオファーがあり、契約を進めている。



グロッソ(28)は、インテル移籍。



トッティ(29)は代表引退を考え中・・・試合前はするって言ったろっ!



フランス代表に(怪我で)なれなかったシセ(24)はリヴァプールからマルセイユへ移籍。



マケレレ(33)は代表引退を表明。



テュラム(34)は代表引退を考え中・・・悩みどころですね。



そして今大会MVPを受賞したフランス代表ジダン(34)


決勝戦での退場劇もありましたが、大会MVPを受賞しました。


もちろんいいプレーをしたからこそ、受賞したのだと思います。


しかし、MVP剥奪の可能性も出てきました。


W杯が終わって1週間、まだマテラッツィとの確執は消えないまま。




ジダンは、母・姉を3度も侮辱したので、暴力を振るった。


一方マテラッツィは、姉に対して侮辱はしたが、母にはしていない。と主張。


どうゆう判決が下るかは、20日になってから。


しかし裏側では、色々と問題が・・・


まずジダン母とマテ父の確執(笑


母は「あのイタリア人のあそこを切り取ってやりたい」


父は「自分の息子のした行為を考えてから言え」って感じのやり取り。


まったくアホらしい・・・ジダン母は卑劣。


そんでもって、フランス人弁護士は、


「主審、副審があの行為を実際に見ていない上で、ビデオ判定したため、あれは無効だ」という始末。


確かに規定には、ビデオ判定を基準に用いる事は認められないと書いてある。


・・・どうなることやら。



そしてセリエAの不正疑惑で4つのクラブに処分が下されました。


ユベントスはセリエBに降格し、過去2季の優勝を剥奪、勝ち点-30でスタート。


フィオレンティーナはセリエBに降格し、勝ち点-12でスタート。


ラティオはセリエBに降格し、勝ち点-7でスタート。


ACミランは降格は免れたものの、勝ち点-15でスタート、UEFA出場権も失う。


これにより、主力選手は他クラブへ移籍が確実。


しかし、ユベントス所属のデルピエロ(31)はチームに愛着を持っており、移籍はしない可能性もある。


ユベントス、セリエAに昇格するのは難しそうだねぇ。


でも若手を育てるいい機会でもある。


頑張って昇格してね((2年はかかるんじゃないかな))


 


そして今後の日本代表。


オシム監督は21日付けでオシムジャパンが誕生する。


そして、ドイツW杯ではいい活躍ができなかった中村俊輔も4年後出場を夢見る。



さらに日本代表は、8月9日に親善試合でトリニダード・トバゴと対決する。


A3チャンピオンズカップ2006も8月2日・5日・8日に行われるため、G大阪とジェフ千葉の選手はそちらを優先するとか。



[決勝] イタリア×フランス [FIFA World Cup 2006]

27時~ イタリア×フランス


決勝トーナメント、決勝戦です。


ついに実現、イタリア×フランスの戦い。


これまでイタリアはオウンゴールだけの1失点のみ。


フランスは2失点と、お互い攻守のバランスは上々です。


お互いモチベーションが高く、お互い守備が堅く、お互いの背番号10番が中心プレイヤーです。


トッティもこのW杯を最後に代表を引退する覚悟です。


さらにジダンの最終章となるW杯。


有終の美を飾っていただきたいですね。



   


 


スタメン発表。



イタリア

FWトニ、MFピルロ、MFペロッタ、MFカモラネージ、MFトッティ、MFガットゥーゾ、DFマテラッティ、DFザンブロッタ、DFカンナバーロ、DFグロッソ、GKブッフォン




フランス

FWアンリ、MFリベリー、MFジダン、MFマルーダ、MFマケレレ、MFビエラ、DFサニョル、DFテュラム、DFギャラス、DFアビダル、GKバルテズ




続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

[3位決定戦] ドイツ×ポルトガル [FIFA World Cup 2006]

28時~ ドイツ×ポルトガル


決勝トーナメント、3位決定戦です。


惜しくも敗れた両チームの試合、この試合も目が離せません。


ドイツ、クローゼが得点王候補、さらに記録を伸ばす試合になるか?


続く3得点のポドルスキも、ベストヤング賞を受賞した21歳の若手です。



そしてGKカーンが正GKとしてスタメン出場が決まりました(しかしバラックは休み)


一方ポルトガルは、フランス戦で惜しくも敗れたけれど、最後まで攻撃に徹していました。


C・ロナウドのドリブルテクはこの試合も見れるでしょう。


そしてフィーゴも最後の大会になるので、頑張ってもらいたいですね。



さらに、主審は日本の上川徹さんになりました!(注意:上川"kamikawa"○、川上"kawakami"×)


副審も日本の広嶋禎数さんとなり、最後の日本代表として正しい判定をしてもらいたいです



前半、ポルトガルボールでキックオフ。


フィーゴはベンチスタート


前半3分、ドイツのカウンターでラームが倒されFK獲得、キッカーはシュナイダー。


クロスをヘディングで落とし、ケールがボレーシュート!わずかにゴール右に反れる。


前半6分、ドイツ・フリンクスにイエロー。


前半7分、シュナイダーがスルーパス、それにあわせたクローゼがシュート!これもわずかに右。


前半9分、ドイツがうまくパスカットしフリンクスへパス、中央でボールをキープしつつDFをかわしミドルシュート!しかしDFにあたりクリア。


前半11分、デコからパスをもらったC・ロナウドが中央へドリブル突破、そこから左のシマンへパス、クロスをいれるがゴールラインを割る。


カーンがボールキャッチするだけで大歓声


一進一退の攻防が続きます


C・ロナウドがいい動きしてますね、ほんとにレアルマドリーにいくんかな?


前半14分、シマンがドリブル突破しスルーパス、あわせたパウレタがシュート!しかしカーンが飛び出し好セーブ。



前半19分、ケールが切り返して若干浮かせたシュート、GKリカルド好セーブ。



前半24分、クローゼが裏街道突破!コスタがユニホームをつかみイエロー、好位置からFK。


ポドルスキの強烈ミドル!GKリカルドがパンチングでセーブ、こぼれ球からつなぐがクリアされる。


その後シュナイダーが倒され、またも好位置でFK獲得。


クロスをあげるがGKリカルドが飛び出してセーブ。


前半27分、ドイツまたも好位置でFK獲得、正しい判定ですよー。



DFがクリアし、こぼれ球をキープするがセットプレーでの奪い合いでFK獲得。


シュナイダーがシュートするがゴール上に外れる。


ドイツが徐々に攻める、カウンター狙いのポルトガル。


前半34分、ポルトガル・コスティーニャにイエロー。


ゴールまで25mの位置、フリンクスが直接ミドルシュート!しかしわずかにゴール上。


ドイツはクローゼ、ポルトガルはC・ロナウド、シマン中心かな。


C・ロナウドの個人技も見れました


前半36分、ポルトガルのCK、シマンがヘディングシュート!ゴール前で流れてしまう。


 


一進一退の攻防が続く


時間経つの早い・・・相変わらず。


前半43分、C・ロナウドがドリブル突破!1人、2人とかわし倒されるっ、しかしファールなし。


これは後からのVTR見るとシュミレーション・・・よくみてますねー上川さん。


ロスタイムは1分表示


・・・前半終了。


一進一退の攻防が続きました、なかなかお互い得点が奪えず。


クローゼはフランス戦よりいい動きになってるので、期待できますね。


 


ポルトガル・MFコスティーニャ→DFペティトに交代。


後半、ドイツボールでキックオフ。


間違えて記事消しちゃった・・・


 


後半11分、シュバインシュタイガーがドリブルし切り返して豪快なミドルシュート



GKリカルドの反応が遅れ、そのまま突き刺さりゴールネットが揺れましたドイツが先制点をあげました。





後半16分、シュバインシュタイガーの低い弾道のシュート!DFペティトがクリアしようとするがわずかに触れ、そのままゴールネットに突き刺さりオウンゴール。2-0になりました。


後半19分、ドイツ・FWクローゼ→FWノイビルに交代。


ドイツが攻めます。


後半24分、ポルトガル・DFバレンタ→FWゴメスに交代。


後半26分、ドイツ・FWポドルスキ→FWハンケに交代。


よくやったぞ、とクリンスマン監督。


VTRが映り、M・シューマッハも見に来ていました。


ポルトガルはカウンターで攻めるが、うまく攻めきれず


後半31分、ポルトガル最後の交代枠、FWパウレタ→FWフィーゴに交代。


最後のW杯に立つフィーゴ、頑張れ!



GKカーン、集中力がスゴイ。


後半33分、シュバインシュタイガーがまたもゴールを決めました


切り返してコースを作り、強烈なミドル、1回転くらいしかしてない・・・


決定的な3点目が入りました



後半34分、ドイツ最後の交代枠、MFシュバインシュタイガー→MFヒツルスペルガーに交代。


後半36分、シマンがクロスを上げ、DFがヘディングでクリアするが、カーンの足元へ!


あぶなくオウンゴールになるとこだった、ナイスセーブ


後半37分、FK、C・ロナウドの鋭いシュート、揺れて落ちていました、しかしまたもカーンが好セーブ


後半42分、フィーゴがクロスをあげ、ゴメスがヘディングシュート



きれいに決まりました、お手本のようなプレイ。


さすがのカーンも反応できず・・・


ただ歓声が全然ないのが寂しい


1点を奪い、3-1に。後半のこりわずか。


ポルトガルはフィーゴを基点にうまく攻めています。


ロスタイムは2分表示


ポルトガルは攻めるが、得点に結びつかず。


そのまま試合終了。




3位決定戦を制したのは地元ドイツでした。


おめでとうございます。





そして主審・副審の上川さんと広嶋さんもお疲れ様でした。



そ・し・て・明日この時間に決勝イタリア×フランスの戦いです


 


見逃してもNHK総合で再放送するみたいなので、都合が合わない方はそちらをご覧ください。


って宣伝じゃないよ


[準決勝] ポルトガル×フランス [FIFA World Cup 2006]

28時~ ポルトガル×フランス


決勝トーナメント準決勝、第2試合目です。


まさかポルトガルがここまで来るとは思いもしませんでした。


デコとコスティーニャが復活するこの試合。


自分たちの試合をすれば、勝てる可能性もあります。


そしてフランスはジダン・アンリ・マケレレ・ビエラのベテラン勢がどこまで頑張ってくれるか。


ジダンとアンリの絡みは素晴らしかったです、また魅せて下さい。


 


ジダンはあと2試合頑張ってほしいです。


と言っても3位決定戦は嫌ですよ!


イエローカードをもらってしまうと、次出れないのも嫌です!


 


前半、フランスボールでキックオフ。


立ち上がり、ゆっくりとした攻め。と思った途端、


前半1分、ロングパスを受けたマルーダが、ミドルシュート!ゴール右にそれます。


C・ロナウドのドリブル突破!早い、うまい、しかしDFが入り込みクリア。


前半3分、ポルトガル・デコのミドルシュート!GKはじく!何とかDFクリア。


今のは危なかったシーンでした、パウレタがあわせていたら入ってたかも・・・


C・ロナウドも魅せます、ドリブルからフェイント!


デコ、C・ロナウドやはり要注意人物です。


前半6分、ジダンからの展開、ペナエリアでアンリがヒールパス、ジダンにあわせようとしたが、DFクリア。


前半8分、C・ロナウドからヒールパスを受けた、マニシェがミドルシュート!ゴール上にそれる。


おしい!そして怖い。


前半9分、フィーゴが中央にスルーパス!パウレタにあわせるがDFがクリア。


前半12分、ジダンがDFをかわしパス、リベリーからアビダル、そしてアンリ、しかしあわせられず・・・


若干ポルトガル優勢、支配率も上回っている感じ。


フランスはジダン、ポルトガルはC・ロナウド、フィーゴを中心とした攻め。


C・ロナウドはまだ経験不足かな・・・無駄な動きというか、ドリブルが多い。


時間が経つのが早いです、前半20分。


ちなみに予想は、2-1でフランスです。


一進一退の攻防が続く。


前半23分、ポルトガルがパスをつなぎ、フィーゴ→C・ロナウドへ、しかしあわず。


前半26分、ジダンのフェイントからパスを出すが倒され、ファール判定なし。


 



徐々にフランスが攻め始める。


前半32分、そして・・・ペナエリアでパスを受けたアンリ、切り替えしてシュートを狙うところを倒される。PK獲得ですっ!


キッカーはジダン。



ゴール左隅にシュート!GKリカルドも完璧反応、手にちょっと触れた



しかしゴールネットは揺れ、フランスが先制点を上げました


くぅーうれしすぎる。祈る俺、願いが届いたようだ。。


しかし油断禁物。


前半35分、ポルトガルがパスをつなぎ、マニシェがロングシュート!GKセーブ。


前半38分、C・ロナウドがドリブル突破!DFを二人かわしシュート!しかしゴール左にそれる。


前半40分、リベリーがDF二人に囲まれるが突破!しかし倒されるが、ファールなし。足かかってるのに!


前半43分、ジダンにパスを出すが、あわずカットした途端カウンター。


C・ロナウドがまたまたドリブル突破でDFを2,3人背負いシュート!しかしゴール右に。


ちょっと一匹狼プレーが多すぎるC・ロナウドちゃん。


ロスハイムは1分表示


・・・前半終了。


 


 ポルトガルの攻撃を何とか防いでたフランス。


そしてアンリが倒されPK獲得したフランス、決めてくれました。


C・ロナウドが恐ろしい、あのドリブル突破からパスを出されていたら・・・


後半も楽しみですね。


 


後半、ポルトガルボールでキックオフ。


交代選手はなし。


後半1分、C・ロナウドのドリブルから中央へパス、しかしDFがクリア。


後半2、アンリがドリブルで突破、DFをかわしシュート!GKリカルドがセーブ!


しかしゴールラインを割りCKへ。


ジダンのCK、こぼれ球をフランスがキープし、ジダン→リベリがシュート!GK好セーブ。


後半8分、フィーゴからパスを受けたパウレタが反転しながらのシュート!おしい、ゴール左にわずかに反れる。


後半11分、フランス・カウンター、リベリの突破からジダンへ、ワンタッチパスでアンリへ、しかしあわず。これまた惜しい


後半13分、ミゲルがドリブル突破!パスを出しパウレタがヒールパス、しかしミゲルがバランスを崩し負傷。


後半15分、ポルトガル・DFミゲル→DFフェレイラに交代。


一進一退の攻防が続く


後半22分、ポルトガル・FWパウレタ→FWシモンに交代。


後半24分、フランス・MFマルーダ→FWビルトールに交代。


後半25分、デコのスルーパス、C・ロナウドがDF3人に囲まれクリアされる。



後半27分、フランス・MFリベリー→FWゴブーに交代。


後半29分、ポルトガル最後の交代枠、MFコスティーニャ→FWポスティガに交代。


果敢に攻めるポルトガル、しかし攻めるだけでカウンターを喰らい危ない場面。


采配も見る限り、攻撃的。・・・どうなるかな


後半32分、C・ロナウドのFK、ボールが急激に落ちるシュートをGKが危なくはじく、そのこぼれ球をあわせてヘディングシュート!しかしわずかに上。



この男何するかわからんっ!すごい


ポルトガルが攻める、危うしフランス。


さらにポルトガルのFK、クロスをあげるがDFがクリア。


残り10分、フランス追加点なるか、ポルトガルが同点に追いつくか・・・


後半37分、ポルトガル・DFカルバーリョにイエロー、次回出場停止に


後半39分、フランス最後の交代枠、FWアンリ→FWサハに交代。


フランスの守備も堅い、そしてウマい。


後半41分、フランス・FWサハにイエロー、次回出場停止に



後半43分、C・ロナウドにあわせようとスルーパス、しかしあわず。


フィーゴのクロスもGKキャッチ。


ジダン、スタミナあり、テクニックあり、つよい。


ロスタイムは4分表示


ラストチャンス、運命の分かれ道。


ポルトガル・長いロングボールから裏をつくが、うまくDFが入り込みクリアする。


さらにチャンスが続く、ポルトガルがDFのこぼれ球をシュート!しかし大きく外れる。


さらに攻撃!ポルトガル止まらない。


CKになるポルトガル、GKリカルドまでもが参戦


さらにCK、追いつこうとするポルトガルの姿勢が素晴らしい!


しかし長く続いた攻撃は、GK飛び出てセーブ。


時間がない。残り1分未満。



フランスのパスを奪いスルーパスを出す、C・ロナウドが飛び出る!しかしオフサイド判定・・・


ここで試合終了。


フランスが決勝進出しました


 



終始ポルトガルが攻めていたけど、守りが堅かった。


次なる戦い決勝戦、イタリア×フランスとなりました。


どちらも守備が堅い・・・得点したほうが勝つ可能性。


 


と、その前に3位決定戦があります。


8日28時~ ドイツドイツ × ポルトガルポルトガル


 


そしてW杯、決勝戦


9日27時~ イタリアイタリア × フランスフランス


 


くぅー、見逃せない。


どちらも応援したいけど、やはりジダンを応援します。


[準決勝] ドイツ×イタリア [FIFA World Cup 2006]

28時~ ドイツ×イタリア


決勝トーナメント準決勝、第1試合目です。


ついにベスト4、欧州揃いの試合となりました。


ドイツはクローゼが得点王としてさらに記録を伸ばせるか。


後を追うようにポドルスキが3得点をあげています。


しかし、この試合フリンクスが出場停止処分を受け、ドイツに不安が残る。


一方イタリアは、ウクライナ戦で見事な3ゴールを見せてくれました。


トッティはさらに活躍できるか、トニのゴールは見られるか、楽しみです。



 


前半、ドイツボールでキックオフ。


前半3分、イタリアのFK、キッカー・トッティが直接シュート!


しかしGKレーマンの正面でした。


前半7分、ドイツ・クローゼがパスカットしポドルスキへ。


反転しながら強引にシュート!しかしDFに防がれます。


前半10分、イタリアがパスをつなぎ、ペロッタがゴール前にラストパス!


しかしGKレーマンがボールを キャッチ。


前半14分、ドイツ・ボロウスキから逆サイドにクロス、それにあわせたクローゼがワンタッチで落とすが、イタリア・カンナバーロが戻りクリア。


前半15分、トッティが裏をつきスルーパス、ペロッタがドリブルでゴールを狙うがレーマンが好セーブ。


一進一退の攻防が続きます。


前半23分、再びイタリアのFK、ヘディングであわせようとするが、抜けてしまいました。


トッティの正確なパスはこの試合も健在の様子。


前半27分、ドイツ・シュナイダーのミドルシュート、しかしDFにあたります。


"カテナチオ"


ドイツ、なかなか枠内シュートができません。


前半29分、さらにイタリア、CKに近い位置でFK獲得。キッカー・ピルロ。


戻し気味に低いボール、それにあわせたトッティがミドルシュート!しかしDFに防がれます。


"北朝鮮がミサイル発射、日本海の着弾の情報"


前半30分、イタリア・グロッソがドリブルで突破しゴール前にパス、そこにトニがあわせたが、DFがうまく入り込みクリア。


前半33分、ドイツ・クローゼからスルーパス、そこにあわせたシュナイダーがミドルシュート!しかしゴール上にそれます。


前半36分、イタリア・5本目のCK、キッカー・トッティ、中央にあげるがDFクリア。


さらにイタリアボール、右サイドCK付近でバラックがファール、再度のFK。


しかし誰も触ることができず、ドイツが攻める、がイタリアがすぐパスカット。


イタリアの守備も堅いけど、ドイツもチャンスがあればガンガン攻めています。


前半39分、トッティの後方からスライディングしたボロウスキにイエロー、これは痛い。


前半40分、さらにFKを得るイタリア、キッカー・ピルロ。


そのクロスにあわせたカモラネージがヘディングシュート!しかしゴール上にそれる。


ドイツも攻めるが、イタリアの守りが堅く、ゴールに届きません。


ロスタイムは1分表示


・・・前半終了。



イタリア6割、ドイツ4割くらいかな?


若干ドイツが押され気味、強引なシュートばかりが目立っていました。


 後半戦、どちらが先にゴールを割るのでしょうか


 ←この人の予想もおしかった。(逆)


予想は、延長まで0-0、延長で1-0でイタリアと見ています。


 


後半、イタリアボールでキックオフ。


交代選手はなし。


後半開始早々、ドイツはパスをつなぎポドルスキがヘッドで落とすがDFクリア、それに反応したケールがボレーシュート!しかしゴール右にそれる。


 イタリアも攻めるが、オフサイド判定。


後半4分、クローゼがドリブルで突破!薄いイタリアのDFをかいくぐりシュート!


しかしGKブッフォンが飛び出しファインセーブ。


さらにカウンターのイタリア、ピルロが裏へスルーパス、あわせたグロッソがシュート!しかし、GKレーマンもファインセーブを魅せる。



後半8分、ボロウスキのロングシュート!しかしゴール上に大きく反れる。


後半10分、メツェルダーにイエロー。


トッティに対して激しいマーク。


後半15分、イタリア・ワンタッチでパスをまわすけど、オフサイド。


後半16分、ポドルスキが反転して左足のシュート!しかしGKブッフォン正面。


そろそろデルピエロが出てきてもいい時間帯。


後半22分、ドイツのカウンター、しかしイタリアDFがうまくカヴァー。


さらにドイツのカウンター、バラックからポドルスキへパスがわたるが、イタリアDFがうまく入り込み、パスを出させない。


パスカットしては、攻めるの繰り返し。


後半27分、ドイツ・MFボロウスキ→MFシュバインシュタイガーに交代。


後半29分、イタリア・FWトニ→FWジラルディーノに交代。


後半31分、イタリアのCK、キッカー・トッティ。しかしGKレーマンキャッチ。


カウンターをするが、イタリアDFがクリア。



ガットゥーゾが狙われ気味、足大丈夫?


前半と変わって後半は、ドイツがセットプレーで攻め、カウンターをイタリアという感じ。


後半35分、ドイツがペナエリア手前でFK獲得、このチャンスを活かせるか?


イタリアは全員で壁になり、キッカーはバラック。


直接シュート!ゴール右上に反れる。



後半36分、ドイツ・MFシュナイダー→MFオドンコーに交代。


後半39分、トッティが裏へスルーパス!ペロッタが走りこむが、GKレーマンが飛び出しファインセーブ!


後半42分、ペロッタが大きく逆サイドへパス、ジラルディーノがボールをキープしようとするが、DFがうまく入り込みクリア。


後半43分、イタリア・カモラネージにイエロー。


後半45分、ドイツ・CKに近い位置でFK獲得。


クロスをあげるが、ゴールラインを割る。


ロスタイムは3分表示


後半46分、ドイツが攻めるが、シュートにいけずそのまま後半終了。


延長戦へ。


 


イタリア・MFカモラネージ→FWイアキンタに交代。


延長前半、ドイツボールでキックオフ。


前半1分前、ジラルディーノがドリブルで突破、そしてシュート!しかしゴールポストに阻まれる・・・


前半1分、イタリアCK獲得、キッカー・ピルロ。


DFがクリアするが、こぼれ球をザンブロッタがシュート!しかしクロスバーに阻まれる・・・


さらにイタリアの猛攻。


もう一度CKを獲得、FWイアキンタをいれた途端、うまく機能しています。


クロスにあわせカンナバーロがヘディングするが、ゴールラインを割る。


前半4分、ラームがボールをキープ、しかしDFがファールをしFK獲得。


クロスをあげるが、誰も触らず抜けてしまう。


そのボールをドイツがキープ、そしてケールがミドルシュート!


しかしマテラッティがヘディングでセーブ。目が覚めたかのような表情をしてました。


前半8分、またまたドイツがいい位置でFK獲得。


しかしイタリア・イアキンタがヘディングクリア。


延長からクローゼがいい動きを見せてませんね


イタリア・MFデルピエロがじゅんびちゅ。


前半13分、イタリア最後の交代枠、MFペロッタ→FWデルピエロに交代。


前半14分、オドンコーがドリブル突破!クロスをあげるが誰ともあわず精度を欠きラインを割る。


ロスタイムは1分表示


前半15分、デルピエロのドリブル突破!クロスをあげるがDFに防がれ、トッティは倒されるがノーホイッスル。


カウンターのドイツ、ポドルスキがヘディングシュート!しかしゴール右に外れる。


決定的チャンスを外したドイツは残念


・・・延長前半終了。


 


延長後半、イタリアボールでキックオフ。


後半2分、トッティのスルーパス、イアキンタが飛び出しボールをもらいに行くが、DFクリア。


CK獲得したイタリア、キッカーはピルロ、クロスをあげるがGKレーマンがキャッチ。


カウンターのドイツ、ラームのシュートもゴール右にそれる。


イアキンタが頑張るなぁ。


後半5分、ドイツ最後の交代枠、FWクローゼ→FWノイビルに交代。


決定的場面、イタリア・ピルロがスルーパス、デルピエロがGK前でボールキープ。



そこからイアキンタにパスを出しシュート!しかしDFブロック。


カウンター・ポドルスキがシュート!しかしGKブッフォンが好セーブ。


カウンター・デルピエロにあわせるイアキンタ、しかしDFクリア、CKへ。


キッカー・トッティ、クロスをあげるがバラックがクリア。


後半8分、イアキンタがヒールでパス、あわせたデルピエロがシュート!しかしゴール左に反れる。


激しい攻防、ここらで得点がありそう。


後半12分、ピルロのミドルシュート!GKレーマン好セーブ、CKへ。


やっぱやってくれました!!


こぼれ球を、ピルロがキープしパス→そしてグロッソが鮮やかなシュート!ゴール左に決まる!




カウンターのドイツ、バラックがシュート!しかしゴール左へ外れる。


そしてさらにカウンターのイタリア、ジラルディーノがDF陣を引き付けパス→デルピエロが追加点のゴール



そのまま試合終了。


予想は外れたけどイタリアが勝ってくれました!うれしいです。


2-0でイタリアがドイツを下し、決勝進出です



そして明日同時刻に、ポルトガルポルトガル × フランスフランスです。


この試合、フランス頑張ってもらいたいです!


そしてどちらも応援したいイタリア・フランスの決勝を実現させて下さい。



[準々決勝] イングランド×ポルトガル、ブラジル×フランス [FIFA World Cup 2006]

24時~ イングランド×ポルトガル


決勝トーナメント準々決勝、第3試合目。


イングランド・ベッカムの足の調子は大丈夫なのでしょか。


若干20歳のルーニーの活躍もまた見れるか?(ルーニーの彼女可愛すぎ)


ポルトガルは、C・ロナウドのテクニック、フィーゴのシュートは見られるか?


この試合も、素晴らしい試合になると思います。目が離せません。



 


スタメン発表、どうやらイングランドはルーニーの1トップみたいです。


ポルトガルは、デコの代わりにティアゴがスタメン入りで司令塔です。


前半開始。


イングランド・ルーニーのシュート


ポルトガル・C・ロナウドのシュート


どちらもGK正面でしたが、積極性は二重丸


なんてったって、どちらも20、21歳ですよ。


この年齢でW杯活躍なんて羨ましすぎる。


前半12分、ポルトガルのチャンス、こぼれ球をおしこめばゴールになったかな・・・


どちらもファールには注意してゆっくりとした立ち上がりですね、ロングボールが多い。


フィーゴはファールのもらい方うまい、相手イラついてる


次の監督が今の監督の隣に座ってるって・・・そうゆうものなのか


前半19分、フィーゴからのロングパスを受けたC・ロナウド、ドリブルで突破し左足シュート!コースはいいけど若干上に反れる


前半20分、ジェラードからのアーリークロス、しかし空振り(でもオフサイド


C・ロナウドの高速ドリブル!しかしジェラードが追いつきスライディングで防ぐ


 


前半28分、C・ロナウドがドリブルからシュートDFがブロック。


そしてパス、しかし全部防がれる、その後倒されるがファールなし


前半30分、競り合いでDFテリーにイエロー、次回出場停止。


お互いシュート数が少なく、どーしてもパスを後ろに回し気味。


ちょいっとスルーパス出せばいい場面が作れそうなんだけど・・・


前半38分、フィーゴの浮かせ気味のシュートもゴール右上へ反れる。


フィーゴ、ハリソン・フォードみたいに見えた


前半39分、イングランド・ルーニーからうまくパスがつながらずおしい場面が続く。


前半40分、1回目のCKをポルトガルが獲得。


フィーゴがショートに送り、ティアゴがヘディングシュート!しかしゴール左。


前半42分、続いてイングランドのCK、キッカーはベッカム。



低い弾道のクロス、しかしDFに防がれるが、ここでファール。


ペティトにイエローで次回出場停止。


前半43分、ベッカムのFK、ゴールは生まれるか?



しかしDFにブロックされる・・・(アナウンサー:らしくないですね~


前半44分、ランパードのミドルシュート!GK正面。


ロスタイムは1分表示。


・・・前半終了、後半に続く。


やはり来ていました。


 


後半開始、交代選手はなし。


ベッカム、右足に違和感?アーリークロスするも若干精度が・・・


またまたC・ロナウドのドリブル突破。倒されるがファールなし。


魅せます。


GKロビンソン、なぜかリフティングしてくれました。


後半6分、ルーニーからベッカムへ、そこからクロスをあげるがDFのハンドしかし主審スルー。


後半7分、イングランド・MFベッカム→MFレノンに交代。



後半8分、ジェラードのCKからフリーのランパードへ。ボレーシュートするもミス


大きなチャンスを逃してしまいました。


ベッカムが涙・・・悔しさ・痛み、つらそうです。



C・ロナウド、若干ラインを割って腹を立てる。あれくらいいいじゃん・・・と思う。


後半13分、 レノンのドリブル突破!そこからいい展開。


しかしルーニーがシュートをスカし、流れ弾をJ・コールがシュート!しかしゴール上に大きく反れる。


2度目の好チャンスを逃す・・・


後半17分、ルーニーのボールキープ、しかしDFに防がれるが、その後選手を軽く押す。


そのせいかレッドで一発退場・・・あれはイエローだろ!厳しすぎやしませんか?主審のばか!



 なんか納得いきませんね・・・別に暴れたわけでもなく、強く押したわけでもないのに。


これでイングランドは10人という絶体絶命のピンチ。


後半18分、ポルトガル・FWパウレタ→FWシモンに交代。


後半19分、イングランド・MFJ・コール→FWクラウチに交代。


クラウチ、背たけー。ただ華奢。


後半23分、C・ロナウド思い切り足ふまれてんのに、これはファールだけでイエローなしですかい?


 一進一退の攻防が続く。


後半28分、ポルトガル・MFティアゴ→MFビアナに交代。


後半33分、フィーゴのクロスをC・ロナウドにあわせようとするが、GKがパンチング。


 後半40分、ポルトガル最後の交代枠、MFフィーゴ→MFポスティーガに交代。


 ロスタイムは3分表示。


イングランド・ランパードのCK、GKがパンチングクリア、こぼれ球をキープするが、DFがクリア。


その後ポルトガルのカウンター、しかし力みすぎてシュートはゴールはるか上。


ここで試合終了、延長戦へ。



延長前半、キックオフ。


ポルトガルは、C・ロナウドを基点に展開。


なかなかチャンスが生まれません。


イングランドはまだ交代枠が1枚あります、いつ使うんでしょう。


前半8分、ジェラードからクラウチへ!しかしヘディングシュートはおしくも届かず。


C・ロナウドのミドルシュート!ゴール上。


うーん、決めれない!どーした!!


どっちか決めてもおかしくないのに・・・


・・・後半戦へ。


C・ロナウドはもっとドリブル突破してもいいと思う。


ちょっとマイナスパスが多い。


 


延長後半、キックオフ。


開始早々、レノンの突破、倒されるがファールなし。


後半2分、ポスティガのヘディングシュート!初めてゴールネットが揺れた!!しかしオフサイド・・・残念。


後半5分、再度レノンの突破!しかしゴールラインを割る。。


 後半12分、イングランド最後の交代枠、MFレノン→DFキャラガに交代。


ラストチャンス、ポルトガルのCK、しかしジェラードがクリア。


ロスタイムは1分表示。


最後までポルトガルが粘るが、ゴールにならない・・・


決着つかず・・・運命のPK戦へ。 


 


PK戦1本目 ポルトガル ○シマン : イングランド ×ランパード


PK戦2本目 ポルトガル ×ビアナ  イングランド ○ハーグリーブス


PK戦3本目 ポルトガル ×プティト : イングランド ×ジェラード


PK戦4本目 ポルトガル ○ポスティガ : イングランド ×キャラガ


PK戦5本目 ポルトガル ○C・ロナウド



まさに一進一退の攻防・・・


しかしC・ロナウドが確実にPKを決め、3-1でイングランドを下し、


40年ぶりのベスト4へ進出が決まりました。



 


イングランド勝ってほしかった。


次の枠、ブラジルかフランスが相手です、この試合のように展開すると難しいかもしれませんね。


しかしPK戦は2度目ですがGKは好セーブしますねぇ。






続きを読む


[準々決勝] ドイツ×アルゼンチン、イタリア×ウクライナ [FIFA World Cup 2006]

24時~ ドイツ×アルゼンチン


決勝トーナメント準々決勝、第1試合目。


ドイツGKレーマン×アルゼンチンMFリケルメの再対決となるこの試合。


UEFAチャンピオンズリーグ準決勝でレーマン(アーセナル)は、リケルメ(ビジャレアル)のPKを好セーブ。


そのため、決勝に進出したのは、レーマンが所属するアーセナル。


もしも、これが入っていたら決勝に進んだのは、ビジャレアルだったかもしれない。


因縁の対決がまたここに・・・きっと素晴らしい試合になることでしょう。


 


 


前半開始、ドイツはバラック、アルゼンチンはリケルメを基点としたパスワーク。


両チーム勝とうとする意識でファールが多く、争いになりそうなケースもありました



ドイツの決定的場面でバラックのヘディングシュート!


しかしゴール右に外れてしまいます。


MFバラック(ドイツ)、FWテベス(アルゼンチン)いい動きしてます。


前半30分過ぎになっても、なかなかシュートが撃てず。


お互いパスカット・プレスの繰り返しで、激しい展開です


ただ、あのクレスポのハンドはしょーがないような・・・


バラック足は大丈夫?


リケルメの鋭いスルーパスはおしくもクリアされる。。


あれ通ったら決めてますね。


ドイツいい場所でFKを得るが、これもクリアされる。


ロスタイム表示はなし。


若干アルゼンチンがリードしている感じで前半終了。


 


 


後半戦、選手交代はなし。


ソリンが通算2枚目のイエローカードをもらい、次回出場停止。



ドイツのFKをGKがセーブ、そこからカウンターに入るアルゼンチン。


しかし、テベスのシュートはゴール枠外。


アルゼンチンのCK、キッカーはリケルメ。


それがいい位置に、、、アルゼンチン先制点!!



DFアジャラのヘディングシュートは、ゴール右に吸い込まれました



その後は徐々にドイツペース、しかしシュートまではいかず・・・


後半14分、ドイツまたも好位置でFK獲得。


しかし大きく反れ、チャンスを逃す。


後半17分、ドイツ・MFシュナイダー→MFオドンコーに交代。


後半18分、FKからのこぼれ球をバラックがボレーシュート!


しかし、DFの体にあたりゴールならず。


ここでGKアボンダンシエリがアクシデント(横っ腹あたりに違和感)



後半26分、アルゼンチン・GKアボンダンシエリ→GKフランコに交代。


3回しかできない交代枠で緊急交代となり、この後難しい采配となってしまいました


ドイツ、好位置で得たFKを直接シュート!しかしゴール枠外。


後半27分、アルゼンチン・MFリケルメ→MFカンビアッソに交代。


ドイツのパスミスをテベスが奪い、ロドリゲスがシュートするもゴール右へ外す。 


後半29分、ドイツ・MFシュバインシュタイガー→MFボロブスキーに交代。


ドイツまたまた好位置でFK獲得、ゴールまでちょっと遠め。


強烈なシュートを撃つも、アルゼンチンの壁がクリア。


アルゼンチン、またボールを奪うが、シュートまで行かず。


その後ドイツのカウンターでシュート!しかしGK正面。


後半戦、激しい展開!ドイツは同点に追いつけるか?


後半34分、アルゼンチン最後の交代枠、FWクレスポ→FWクルスに交代。


 FWメッシ、FWサビオラ出番なし


後半35分、バラックのクロス→ボロブスキーが頭でパス→クローゼがあわせヘディングシュート!



ゴ、ゴ、ゴ、ゴ、ゴール同点に追いつきました



そしてクローゼ今大会5得点目になりました



さぁ熱くなってまいりました!


後半41分、ドイツ最後の交代枠、同点弾を撃ったFWクローゼ→FWノイビルに交代。


後半43分、ペナエリアでロドリゲスが倒されるが、シュミレーション判定でイエロー。


後半43分、レーマン左手で好セーブしかしオフサイド判定。


ロスタイム表示4分、ここで決まるか、それとも延長戦か・・・(トイレ行きたいけど行けず


後半48分、カンビアッソにイエロー。


ラストチャンス、アルゼンチンいい位置でFK獲得。


しかしDFにクリアされ・・・延長戦に持ち越し


 


延長戦。


両チーム、スタミナ消耗しているはずなのに、激しい展開。


アジャラ?とバラックのガン飛ばし・・・こえぇー


そしてバラック倒される!しかしドイツのファールに。。


足を引きずるバラック・・・頑張れ


・・・前半終了、後半戦へ。



後半開始前、バラック、スパイクを履き替え気持ち新たに。


テベス、正面からいきなりのシュート!しかしレーマンがキャッチ。


ポドルスキー、マルセイユルーレットするもカットされ失敗。


テベス22歳、スタミナあるなぁ


コロッチーニのロングシュート、ゴール枠外。


2度目のシュートはクロスバーをかすめて上に


ドイツ決定的場面も、GKがキャッチ。


バラックは足に違和感、ピッチ外へ(交代枠ないのが痛い)


テベスがゴリに見える。シュートするがゴール上。


ラストチャンス、アルゼンチンのFK。


これでも決まらず、運命のPK戦へ。


GKレーマンとGKカーンが硬い握手。何かココロにぶつかりました。


 


PK戦1本目 ドイツ ○ノイビル : アルゼンチン ○クルス


PK戦2本目 ドイツ ○バラック  アルゼンチン ×アジャラ


PK戦3本目 ドイツ ○ポドルスキー : アルゼンチン ○ロドリゲス


PK戦4本目 ドイツ ○ボロブスキー : アルゼンチン ×カンビアッソ


レーマンが好セーブを魅せました



4-2でドイツがベスト4へ進出です



長い戦いが終わりました。


アルゼンチンは惜しくも負けてしまいました


っておい!最後ロドリゲス、パンチいれてたぞ・・・負けたからって・・・ダメだよ。


カンビアッソ・・・涙。


アルゼンチンのGK交代が若干、采配を惑わせたのかな、とアナウンサー。


確かに、、、日本もそんなのあったな・・・


 






続きを読む


[決勝T-D] ブラジル×ガーナ、スペイン×フランス [FIFA World Cup 2006]

24時~ ブラジル×ガーナ


決勝トーナメント1回戦、第7試合目です。


王者ブラジルに挑む、ガーナ。


ガーナはグループリーグで、チェコを下し、チームワークの強さを発揮していました。


 


前半開始、ゆっくりとした立ち上がりの中、いきなり仕掛けるブラジル。


その一瞬を見たロナウドは、すかさず突破


GKをフェイントで避け、右足でシュート!!


見事先制点を決めます(オフサイドにも見えるよ?)



これでロナウドは通算15本目のゴールとなり、ゲルト・ミュラーを抜き単独1位に。


そしてアドリアーノが突破!GKに倒されたと思いきや、シミュレーションでイエロー


おしい場面でした、ロナウドにうまくパスしたかったね。


その後もガーナは攻めるが、守りが堅いブラジルに苦戦


前半42分、CKから頭で合わせたメンサー、しかしGKジダの右足で好セーブされる。


シュートも放つが、いれられない・・・おしい、ほんとおしい。


そして前半終了間際、DFがクリアミスしたボールをアドリアーノのヒザで押し込み、2点目となるゴールが決まりました



2-0で前半折り返します。


後半16分、FWアドリアーノをMFジュニーニョを交代。


ロナウドを1トップ、下にロナウジーニョの4-4-1-1。


どうみてもオフサイドなのになんで出ないんでしょ?(ブラジル側)


ロナウジーニョが迷ってる瞬間にボールを取られ、シュートまで結びつくが、GK正面。


そのすぐ後カウンターのブラジル、クロスをあげるとDFが頭でシュート?!ではなく、バックパス、何とか取るGK(オウンゴールになりそうに)


そしてFWギャンが明らかなシュミレーション、2枚目となるイエローをもらい退場


11人×10人となってしまいましたが、ブラジルにとっては絶好のチャンス


後半38分、MFカカがMFリカルジーニョに交代。


そこからは断然ブラジルペース、オフサイドがまたない!(どーみてもオフサイドだ)


そしてゼ・ロベルトが3点目を楽々あげました


そのあとゆっくりとパスワークする中、いきなりロングシュートを撃つロベカル。


ちょっとイラついてました。


ガーナもシュートを撃つがGK正面、どんどん攻めていこう。


そしてロナウドが突破!しかしシュートをうつがGK左手に防がれる。


体重いのに頑張るねー、ゴール泥棒め


カフーのループシュート、GKにとめられる。


怒るロナウジーニョ、パスくれ!って。


その後も攻めるブラジル、決定的場面もGKに阻まれる。。


そして3-0で試合終了。


ブラジルがガーナを下し、ベスト8に進出です。


 くぅ~






続きを読む


[決勝T-C] イタリア×オーストラリア、スイス×ウクライナ [FIFA World Cup 2006]

24時~ イタリア×オーストラリア


決勝トーナメント1回戦、第5試合目です。


早いもので決勝トーナメントから3日が経過しました。


いずれの試合も、予想以上の試合運びです。


そしてこのイタリア×オーストラリア戦も素晴らしい試合となりました。


 


前半から両チームの攻撃と守りが徹底されています。


なかなかゴールは奪えないものの、そこまでのパスワークは素晴らしいの一言。


まさかここまでオーストラリアが成長してるとは思いませんでした。


これがヒディンクの力なのか・・・


しかし、イタリアのほうがボール支配率、キープ力などは上回ってる感じはします。


試合運びが上手、シュートに行くまでの形は素晴らしいです。


そして前半0-0で終了。


 


 


後半はほぼ実況になります。


後半、イタリア・マテラッツィがファール、そしてレッドカードが表示され一発退場・・・



イタリア10人・・・波乱の幕開けか?


イタリアはFWを一人下げ、FWトニ→DFバルザリに交代。


そこからもオーストラリアは果敢に攻める。


イタリアは何とかボールをカットするも、オーストラリアの攻撃は続く。


 10人のイタリアは、日本と似てる感じがします。


 相手にボールをキープされるけど、一瞬の隙を見てカット。


 そこから一気に攻撃の形に。ってパターン。


 足もなんとなく動いてないような気がする。


そして後半30分イタリアはトッティを投入→デルピエロOUT



オーストラリアはまだ交代枠を使っていません、どーでるヒディンク!


後半35分、オーストラリア1枚目の交代枠、FWアロイージ投入→MFステルヨフスキーOUT


さぁ魔の10分間に突入しました、ヒディンクはそれを狙って交代したのかな?


アロイージ投入から攻撃的になった・・・やはりヒディンク恐るべし。


守りきれイタリア!と心の中で叫んでいました。


イタリアのシュートもおしくもキャッチされ、またオーストラリアの攻撃。。


運動量多いのに、このスピードは何だ!キープ力も精度も落ちてない・・・凄い


アロイージのオーバーヘッドも空振り、いやすげえ。サブイボだ


ロスタイム3分、ここで1点を決めれば確実に決まる。


イタリア応援してるけど、ちょっとイラっとしました(ボールもって時間稼ぎ)


そしてトッティのバックパスも味方がいない・・・


そしてついに試合は動きました。


PKを獲得したイタリア



キッカーはトッティ、このチャンスを活かせるか。



決めたトッティ、HERO of  ITALY!!



そして試合終了。


オーストラリアを下しベスト8に進出しました。


サッカーは何が起こるかわからない。本当にそう思います。 






続きを読む


[決勝T-B] イングランド×エクアドル、ポルトガル×オランダ [FIFA World Cup 2006]

24時~ イングランド×エクアドル


決勝トーナメント1回戦、第3試合目です。


ベッカム率いるイングランドは、FWオーウェンが負傷し欠場。


しかし若いながらイングランドの主力ともされるルーニーが出場。


最年少試合出場と最年少得点記録も持ってる恐ろしい20歳である。


 


簡単なダイジェストでお送りします。


この試合もやはりルーニーが基点となって、前半・後半を戦いました。


前半は、どちらも攻守一体となり、シュートの嵐。


しかし、ゴール枠外にことごとく外れ、0-0で折り返す。


そしてついに試合は動きました。


後半15分、主将ベッカムのFKで鮮やかなゴールを決め、先制点。


ゴール左のポストに当たって入りました。一瞬はずしたかとも思いました。



その時ベッカムは若干足を気にしているようでした。



さらに魅せるイングランド、ルーニー。


鮮やかなボールさばき、パスの精度、キープ力、どれをとっても素晴らしい。


そしてゴール前では、ランパードやジェラードに鋭いパスを出す。


しかし、ゴールには結びつかず。


後半42分、ベッカムの足が気になるようで交代→若手19歳のレノンIN


ロスタイム、ジェラードに変え、21歳のダウニングIN。


レノンが走る、走る。しかしルーニーも足が止まっていて、助けに入らない・・・


なんでー、って感じで追加点も奪えず1-0で試合が終了。


イングランドがエクアドルを下し、ベスト8に進出しました。






続きを読む


前の10件 | - FIFA World Cup 2006 ブログトップ