So-net無料ブログ作成

11/20 月 01:00- ワトフォード vs. ウェストハム プレミアリーグ第12節
11/21 火 05:00- ブライトン vs. ストーク・シティ プレミアリーグ第12節
11/22 水 04:45- アポエル vs. レアル・マドリー UefaCL第5節
04:45- ドルトムント vs. トッテナム
04:45- マンチェスター・シティ vs. フェイエノールト
04:45- セビージャ vs. リバプール
11/23 木 04:45- カラバフFK vs. チェルシー UefaCL第5節
04:45- アンデルレヒト vs. バイエルン・ミュンヘン
04:45- バーゼル vs. マン・ユナイテッド
04:45- ユベントス vs. バルセロナ
04:45- パリ・サンジェルマン vs. セルテック
11/24 金 03:00- ケルン vs. アーセナル UefaEL第5節
05:05- エバートン vs. アタランタ
11/25 土 05:00- ウェストハム vs. レスター・シティ プレミアリーグ第13節
23:30- ドルトムント vs. シャルケ04 ルールダービー
11/26 日 00:00- マン・ユナイテッド vs. ブライトン プレミアリーグ第13節
00:00- トッテナム vs. WBA
00:00- ニューカッスル vs. ワトフォード
00:00- スウォンジー・シティ vs. ボーンマス
00:00- クリスタル・パレス vs. ストーク・シティ
02:30- リバプール vs. チェルシー
22:30- サウサンプトン vs. エバートン
23:00- バーンリー vs. アーセナル
11/27 月 01:00- ハダースフィールド vs. マンチェスター・シティ プレミアリーグ第13節
11/29 水 04:45- レスター・シティ vs. トッテナム プレミアリーグ第14節
04:45- ブライトン vs. クリスタル・パレス
05:00- ワトフォード vs. マン・ユナイテッド
05:00- WBA vs. ニューカッスル
11/30 木 04:45- アーセナル vs. ハダースフィールド プレミアリーグ第14節
04:45- チェルシー vs. スウォンジー・シティ
04:45- ボーンマス vs. バーンリー
05:00- マンチェスター・シティ vs. サウサンプトン
05:00- エバートン vs. ウェストハム
05:00- ストーク・シティ vs. リバプール
12/03 日 00:00- アーセナル vs. マン・ユナイテッド プレミアリーグ第15節
12/06 水 04:45- バイエルン・ミュンヘン vs. パリ・サンジェルマン UefaCL第6節
04:45- チェルシー vs. アトレティコ・マドリー
04:45- バルセロナ vs. スポルティング
04:45- マン・ユナイテッド vs. CSKAモスクワ
12/07 木 04:45- フェイエノールト vs. ナポリ UefaCL第6節
04:45- リバプール vs. スパルタク・モスクワ
04:45- マリボル vs. セビージャ
04:45- レアル・マドリー vs. ドルトムント
04:45- シャフタール・ドネツク vs. マンチェスター・シティ
04:45- トッテナム vs. アポエル
12/07 金 03:00- アポロン・リマソール vs. エバートン UefaEL第6節
03:00- HNKリエカ vs. ミラン
05:05- アーセナル vs. BATEボリソフ
12/23 土 21:00- レアル・マドリー vs. バルセロナ エル・クラシコ

<W杯欧州予選プレーオフ>クロアチア、2大会連続5度目!スイス、4大会連続11回目のW杯出場が決定! [etc.]

20171113-00000009-jij_afp-000-3-view.jpg

1: 名無しさん@恐縮です 2017/11/13(月) 06:47:27.31 ID:CAP_USER9
■ロシアW杯欧州PO ギリシャ 0-0 クロアチア
http://www.hochi.co.jp/soccer/data/2018/qualifiers/uefa/match.html?season=112018&competition=336&match=959007

ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフが12日に行われ、ギリシャとクロアチアの第2戦が行われた。
第1戦はクロアチアがホームで4-1と勝利したこの戦い。ファーストレグでは先発を外れていたクロアチアFWマリオ・マンジュキッチが右ウィンガーで先発している。

必勝を期すギリシャはホームの力を借りて、立ち上がりからボールを支配。しかし、クオリティ不足は否めず、決定的なシュートを放つまでには至らない。
逆にクロアチアは少ないチャンスからイヴァン・ペリシッチがポスト直撃のミドルシュートを放つなど見せ場を作る。

前半は地力の差が見え隠れしながら、スコアレスで終了する。

後半に入っても、ペースはギリシャ。しかし、最終局面で精度を欠いてネットを揺らすことはできない。
一方のクロアチアも3点のリードを持つためか、それほど熱心にゴールへ仕掛ける様子は見せず、時計の針を進めていく。

最後までギリシャがホームで意地を見せようとしたものの、スコアは動かず。スコアレスドローで終了した。
この結果、2戦合計4-1でクロアチアが2大会連続5度目のワールドカップ出場を決めている。

11/13(月) 6:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00010003-goal-socc


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

レスター、またも優勝メンバー流出か…ドリンクウォーターが契約延長を拒否 [etc.]

57b3262477c9e07382000001.jpg

1: 名無しさん@恐縮です 2016/08/16(火) 21:37:19.46 ID:CAP_USER9
レスター・シティの優勝メンバーがまた1人移籍するかもしれない。MFダニー・ドリンクウォーター(26)がレスターからの契約延長オファーを拒否したようだ。英『サン』が報じている。

 マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身のドリンクウォーターは、トップチームに昇格も出場機会を得られず、カーディフやワトフォードなどへのレンタル移籍を繰り返した。2012年1月にはユナイテッドのトップチームでプレーすることなく、レスターに完全移籍。当時所属していたチャンピオンシップ(2部相当)で優勝を経験し、昨季は奇跡といわれたプレミアリーグ制覇を中心メンバーとして成し遂げた。

 レスターはドリンクウォーターと2014年に週給3万ポンド(約390万円)の4年契約を結んでいるが、昨季の活躍からドリンクウォーターに週給8万ポンド(約1040万円)の新契約を提示。しかし、ドリンクウォーターの代理人に拒否され、その状況を注視しているトッテナムが獲得に興味を示しているとのこと。レスターは流出阻止に向けて週給10万ポンド(約1300万円)で再び交渉へ臨むとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160816-01630397-gekisaka-socc


続きを読む


本田圭佑がMITメディアラボの研究員になる [etc.]

keisuke-honda-ac-milan-serie-a-12202015_1b5o07w7gvgfi1kgpgiwdvtat6.jpg

1: 名無しさん@恐縮です 2016/07/22(金) 22:16:14.03 ID:CAP_USER9
ACミランの日本代表FW本田圭佑(30)が米国マサチューセッツ工科大メディアラボの特別研究員に就任した。22日、所属事務所が発表した。

デジタル技術の研究を専門とする研究所と協力し、教育問題の改善に取り組むという。

研究員本田は「研究員として任命され、そして特別な組織の一員になれてとても光栄に思います。
この研究所は、何か考えていることを可能にしてくれる特別な場所です。
私は、世界にいる全ての子ども達に高いレベルの教育を提供する持続可能なプラットフォームを創るという、
私の人生の任務を達成するために研究所の皆さんと仕事をしていきたいと思っています」とコメントした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160722-00000181-nksports-socc


続きを読む


【テニス】ウィンブルドン、錦織圭が雨にも負けずベスト8進出! [etc.]

20160702-00010012-tennisd-000-2-view.jpg

1: 名無しさん@恐縮です 2016/07/02(土) 23:43:47.16 ID:CAP_USER9
<テニス:ウィンブルドン選手権>◇2日◇ロンドン郊外、オールイングランド・クラブ◇男子シングルス3回戦

 世界ランキング6位の錦織圭(26=日清食品)が、合計約2時間半に及ぶ2度の中断を乗り越えて、同42位のアンドレイ・クズネツォフ(25=ロシア)をストレートで下し2年ぶりの16強入りを決めた。

 錦織は「長い試合だった。(2度目の中断後)3セット目の0-3からスタートして、逆転できたのはうれしかった。(2度の中断は)やりにくかった。久居市ぶりに出たり入ったりを繰り返して、集中力を保つのが難しかった。今日はストロークの調子が良く、自分から振って行けた」と振り返った。

 錦織は立ち上がりからサーブが好調で、テンポの速い試合運びを展開。第1セットを7-5で、第2セットは6-3で連取した。

 しかし第3セットに入ろうかというところで急きょ雨が強くなり、試合を一時中断。この試合は当初1日に予定されていたが、雨で順延となっていたが、この日も雨の影響を受ける形となった。

 試合は約2時間後に再開。しかし再開して間もなく、第3セット3ゲームで錦織が0-3とされたところで2度目の中断。約20分後に再開された。最初の中断後はクズネツォフに流れが行きかけたが、2度目の再開後から錦織が巻き返し。結局7-5でこのセットを取り、ストレート勝ちを収めた。

 次戦の4回戦では、世界13位のチリッチ(クロアチア)と対戦。過去の対戦成績は錦織の7勝3敗となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160702-00000185-nksports-spo


続きを読む


【テニス】<ジョコビッチ> 全仏初Vで史上8人目の生涯グランドスラム達成! [etc.]

20160606-00010002-tennisd-000-3-view.jpg

1: 名無しさん@恐縮です 2016/06/06(月) 01:19:55.50 ID:CAP_USER9
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会最終日の5日、男子シングルス決勝戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのA・マレー(英国)を3-6, 6-1, 6-2, 6-4の逆転で下して大会初優勝を飾ると同時に、生涯グランドスラム(全豪・全仏・全英・全米の四大大会で優勝)を達成。さらに昨年のウィンブルドンからグランドスラム4大会連続のタイトル獲得を果たした。

決勝戦、ジョコビッチは第1セットを落とすも、第2セットに入ると序盤で3ゲームを連取してマレーから主導権を奪った。そして、第3セットでは2度のブレークに成功したジョコビッチが第4セットもマレーに挽回を許さず、世界1・2位の頂上決戦を制した。 

両者は今回が通算34度目の対戦で、ジョコビッチから24勝10敗となった。今大会の前哨戦であるマドリッド・オープンとBNLイタリア国際の決勝では1勝を分け合っていた。 

これまで全豪オープンで6度、ウィンブルドンで3度、全米オープンで2度のタイトルを獲得していたジョコビッチは、4度目の全仏オープン決勝戦の舞台で初優勝を飾った。 

現役選手でグランドスラム4大会でタイトルを獲得しているのはジョコビッチの他に、R・フェデラー(スイス)とR・ナダル(スペイン)となっている。 

一方、惜しくも全仏オープン初優勝とはならなかったマレー。もし優勝していた場合、1935年のF・ペリー(英国)以来81年ぶりのイギリス人チャンピオンとなっていた。 

今大会は1回戦から2セットダウンの崖っぷちを乗り越え、2回戦もフルセットの戦いを強いられた。3・4回戦はストレートで勝利したが、準決勝・準決勝は1セットずつ落とす中で全仏オープン初の決勝進出を果たした。 

グランドスラムでは2012年の全米オープンで初優勝、2013年のウインブルドンでは2度目のタイトルを獲得し、ともに決勝の相手ではジョコビッチだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00010001-tennisnet-spo


続きを読む


【テニス】錦織圭、世界52位に苦戦!フルセット制し全仏16進出! [etc.]

sp-taka-0527-nishikori1-w500_0.jpg

1: 風吹けば名無し 2016/05/28(土) 00:39:58.67 ID:hkPW7eRv0
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会6日目の27日、男子シングルス3回戦が行われ、第5シードの錦織圭(日本)は世界ランク52位のF・ベルダスコ(スペイン)に大苦戦を強いられるも6-3, 6-4, 3-6, 2-6, 6-4のフルセットで下し、2年連続のベスト16進出を果たした。

第1セットから互いにブレーク合戦となったこの試合、第1・第2セットを連取して勝利に王手をかけた錦織。しかし、第3セットでベルダスコの絶妙なドロップショットに苦戦しこのセットを落とすと、勢いに乗ったベルダスコを止められず勝敗はファイナルセットへ。

その後、両者一歩も譲らない接戦を繰り広げる中、錦織が第5ゲームでブレークに成功。力強いガッツポーズで自身を奮い立たせると、試合の流れは錦織に傾き、第10ゲームのサービングフォーザマッチを取りきって勝利を手にした。

4回戦では、第9シードのR・ガスケ(フランス)と対戦する。ガスケは、同日の試合で第17シードのN・キリオス(オーストラリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

昨年の全仏オープンでは日本男子で1933年の佐藤次郎(日本)以来82年ぶりとなるベスト8進出の快挙を成し遂げた錦織。今年はグランドスラム初優勝を狙う。

グランドスラムでは2014年の全米オープンで自身初の決勝進出を果たし、M・チリッチ(クロアチア)に敗れるも準優勝を飾っている。

今季のクレーコート・シーズンでは4月のバルセロナ・オープン決勝でR・ナダル(スペイン)に敗れ3連覇を逃すも準優勝。5月のマドリッド・オープンとBNLイタリア国際では世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に屈するもベスト4へ進出した。

ボトムハーフ(対戦表の下半分)に位置する錦織は今大会、シード勢が順当に勝ち進んだ場合、準々決勝では第2シードのA・マレー(英国)と対戦する組合せとなっている。

一方、敗れた32歳のベルダスコはキャリア通算7大会で優勝。2009年の全豪オープンではベスト4へ進出した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160528-00010001-tennisnet-spo


続きを読む


【テニス】錦織3年連続4強! キリオスを逆転で下す マドリードOP準々決勝 [etc.]

20160507-002740-407.jpg

1: 名無しさん@恐縮です 2016/05/07(土) 00:30:18.23 ID:CAP_USER9
錦織圭3年連続4強!キリオス下す マドリードOP
日刊スポーツ 5月7日(土)0時25分配信

<テニス:マドリード・オープン>◇6日◇マドリード◇男子シングルス準々決勝

 世界ランキング6位、第6シードの錦織圭(26=日清食品)は、同21位のニック・キリオス(21=オーストラリア)を
6-7、7-6、6-3の逆転で下し、3年連続4強進出を決めた。

 第1セット、お互いにサービスをキープしあう息詰まる展開から、最後はタイブレークで先取された。

 第2セットも大熱戦。お互いにサービスをキープし6-6でタイブレークへ。キリオスのショットにミスが続き、
最後は錦織がバックハンドショットを決めて同セットをものにした。

 第3セットに入り、第4ゲームで錦織がこの試合初めてのブレークを奪うとそのまま逃げ切った。

 準決勝は7日に行われ、世界1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(28=セルビア)と同10位、第11シードの
ミロシュ・ラオニッチ(25=カナダ)の勝者と対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00000007-nksports-spo


続きを読む


【テニス】錦織、キリオスに快勝しマスターズ初V王手!世界1位のジョコビッチと決勝へ [etc.]

20160402-00000102-spnannex-000-0-view.jpg

1: 名無しさん@恐縮です 2016/04/02(土) 10:05:20.65 ID:CAP_USER*.net
錦織、マスターズ初V王手!キリオスに快勝、ジョコと決勝へ
スポニチアネックス 4月2日(土)9時33分配信

 テニスのマイアミ・オープン第11日は1日(日本時間2日)、米フロリダ州マイアミで行われ、男子シングルス準決勝で、
第6シードで世界ランキング6位の錦織圭(26=日清食品)は第24シードの世界26位・ニック・キリオス
(20=オーストラリア)と対戦し、6―3、7―5で快勝。大会初の決勝進出を果たし、4大大会に次ぐ格付けの
マスターズ大会初制覇へ王手を懸けた。決勝では第1シードで世界1位のノバク・ジョコビッチ(28=セルビア)と対戦する。

 試合中にラケットを投げたり折ったりするだけでなく、昨夏には対戦相手への侮辱的発言で処分も受けた“お騒がせ男”の
キリオス。過去1戦1勝の相手に対し、錦織は第1セット、相手のミスを突いて第3ゲームをブレーク。5―3の第9ゲームでは
キリオスの頭上を越える見事なロブショットでセットポイントを握ると、最後は相手のダブルフォールトでブレークに成功。
左右に打ち分けてキリオスを翻ろうし、29分であっさりこのセットを先取した。

 第2セットも第1ゲームをラブゲームでキープすると、第2ゲームはリターンエースを決めるなどブレークに成功して
2ゲームを連取。続く第3ゲームではダブルフォールトなどミスが出てブレークを許したが、第5ゲームを踏ん張って
キープするとその後はストローク戦で主導権を握り、7―5で2セットを連取。1時間24分で快勝し、マスターズで
14年マドリード・オープン以来2度目の決勝進出を決めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160402-00000092-spnannex-spo


続きを読む


【テニス】錦織、モンフィスとの激闘制し2年ぶり4強!悲願マスターズ制覇へ前進 [etc.]

20160401-00000004-jijp-000-2-view.jpg

1: 名無しさん@恐縮です 2016/04/01(金) 07:03:03.50 ID:CAP_USER*.net
錦織、激闘制し2年ぶり4強!悲願マスターズ制覇へ前進 

 テニスのマイアミ・オープン第10日は31日(日本時間4月1日)、米フロリダ州マイアミで行われ、
男子シングルス準々決勝で、第6シードで世界ランキング6位の錦織圭(26=日清食品)はフルセットの末に
4―6、6―3、7―6で同16位のガエル・モンフィス(29=フランス)で下し、2年ぶり2度目の4強入りを果たした。

 1メートル93と長身で身体能力も高く、2014年の前回対戦でもフルセットの激闘を演じたモンフィスが相手。
「ミスをしない選手で、しっかり攻めないと勝てない」と警戒してが、第1セットの第1ゲームでいきなりブレークを
許してしまう。第4ゲームでブレークバックして追いついた錦織だが、直後の第5ゲームを落とし、4―6で
この大会初めてセット失った。

 続く第2セットは第4ゲームで錦織がブレークに成功し、自身のサービスゲームは全てキープして6―3。迎えた
最終セットも第3ゲームで先にブレークに成功したが、第8ゲームでブレークバックを許してしまう。第10ゲームでは
4度マッチポイントをしのぎ、第12ゲームの踏ん張ってキープし、最後はタイブレークで競り勝った。

 序盤はファーストサーブが入らず、苦しんだ錦織だったが、見事に修正して難敵に逆転勝ち。ツアーの中でも格の高いは
マスターズ大会初優勝へ、また一歩前進した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00000017-spnannex-spo

マイアミOP4月1日(日本時間4月2日:時差13時間)の試合進行表
http://miamiopen.com/op0401.pdf


続きを読む


【テニス】錦織圭がイズナーに逆転勝利、大会初のベスト8進出!/BNPパリバ・オープン [etc.]

20160317-00000021-jijp-000-2-view.jpg

1: 名無しさん@恐縮です 2016/03/17(木) 12:10:54.57 ID:CAP_USER*.net
BNPパリバ・オープン男子 シングルス4回戦

錦織 圭 vs J・イズナー

【第1セット】1-6
【第2セット】7-6 (7-2)
【第3セット】7-6 (7-5)

http://news.tennis365.net/news/today/201603/108759.html?_ga=1.116983502.910412299.1457276848

錦織 逆転勝利で大会初8強、準々決勝はBIG4ナダル<男子テニス>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160317-00010006-tennisnet-spo

男子テニスのBNPパリバ・オープン男子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード)は16日、シングルス4回戦が行われ、マスターズ初優勝を狙う第5シードの錦織圭(日本)が第9シードのJ・イズナー(アメリカ)を1-6, 7-6 (7-2), 7-6 (7-5)の逆転で下し、大会初のベスト8進出を果たした。準々決勝では、第4シードのR・ナダル(スペイン)と通算9度目の対戦となる。

この試合、錦織は高い打点から放たれるイズナーの強力なサービスに押されて1度もブレークチャンスを掴めず、2度のブレークを許して第1セットを落とす。続く第2セットでは両者サービスキープからタイブレークに突入し、先にミニブレークに成功した錦織がこのセットを取りきり勝敗はファイナルセットへ。

その後、ファイナルセットでも両者譲らずサービスキープのままタイブレークに突入。最後は錦織が攻めきり逆転勝利を飾った。

今回の勝利で錦織は対イズナー戦を2勝1敗と勝ち越した。

準々決勝で第4シードのナダルと対戦する。ナダルは同日の4回戦で世界ランク58位で18歳のA・ズベレフ(ドイツ)を6-7 (8-10), 6-0, 7-5の逆転で下しての勝ち上がり。

過去のBNPパリバ・オープン男子では昨年のベスト16進出が自己最高成績だった錦織。その時は4回戦でF・ロペス(スペイン)にストレートで敗れていた。また、マスターズ大会では2014年のムチュア・マドリッド・マスターズで初の決勝進出を果たすも、ナダルとの試合中に錦織が途中棄権を申し入れ、悔しくも準優勝となった。

今シーズンは1月の全豪オープンで2年連続3度目のベスト8進出、2月のメンフィス・オープンでは大会史上初の4連覇を達成。

さらに、今大会の直前に行われた国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ1回戦 日本対イギリスでは、1勝2敗の崖っぷちで迎えた最終日のシングルスでA・マレー(英国)と4時間54分の激戦を繰り広げるも最後は押し切られ、日本の初戦突破とはならなかった。


続きを読む